inspire 1

空撮のプロを刺激する一機。

Inspire 1Inspire 1Inspire 1

絶対的な操作性

Inspire 1の送信機は、DJIの最も高度な制御技術と2人の操縦者によるサポート強化を組み合わせたものです。これほど高度な通信機が飛行とカメラの操作専用に作られたことはかつてありませんでした。

Inspire 1

DJI Lightbridge

初めて、DJI Lightbridge HDビデオダウンリンクが送信機に組み込まれました。これによって、画面やモバイルデバイスに接続されている場合、カメラが捉えているライブビューを見ることができ、最大操作範囲は2kmまで広がっています。

Inspire 1

専用ボタン

専用ボタン:送信機で飛行とカメラの両方の機能を容易に制御することができます。静止画と動画撮影用の専用ボタン、ジンバルのチルトとカメラ設定用のダイヤル、帰還(リターン・ホーム)機能のすべてが内蔵されています。

Inspire 1

二人の操縦者による操作

友人と一緒に飛ばす場合、マスター送信機は機体を操縦し、スレーブ送信機はジンバルとカメラの方向を変えます。両送信機は、Inspire 1から直接ライブデータと動画を受信しますが、マスター送信機だけが機体に指示を送ります。スレーブ送信機は、ジンバルを操作するために安全なパスワードによりマスターとリンクしている必要があります。

Inspire 1

フライトソフトウェア

DJIのフライトシステムの知識のすべてが送信機のソフトウェアに注ぎ込まれており、滑らかで安定した飛行を実現しています。細かく調整された制御アルゴリズムを使用しているため、市販の他のどのマルチコプターも対抗できないレベルの制御ができ、まるでコックピットに座っているかのように感じられます。

Inspire 1

実行時間

内蔵の6000 mAh LiPo 2S充電可能バッテリーを使用すると、送信機の電池残量を気にすることなく複数回の飛行が可能になります。残りのバッテリー寿命は、送信機にリアルタイムで表示され、電池残量が少なくなっている場合、内蔵の警告機能が警告してくれます。

INSPIRE 1 を購入

4Kカメラ搭載、2オペレーション可能なオールインワンの最上位モデル。