機体

重量 (バッテリー、プロペラ込み)1280 g
対角寸法(プロベラ除く)350 mm
最大上昇速度5 m/s
最大下降速度3 m/s
ホバーリング精度垂直:
+/- 0.1 m (ビジョンポジショニングがアクティブの場合) または
+/- 0.5 m水平:
+/- 1.5 m
最大速度16 m/秒 (ATTI モード、無風)
航行可能限界高度6000 m
動作環境温度0°C ~ 40°C
GPSGPS/GLONASS
最大フライト時間約 23 分

ジンバル

動作可能範囲ピッチ -90° ~ +30°
安定化3 軸 (ピッチ、ロール、ヨー)

送信機

作業周波数2.4GHz
最大転送距離2000m (屋外、障害物なし)
作業温度0°C~40°C
バッテリー6000 mAh LiPo 2S
モバイルデバイスホルダータブレットまたは電話用
EIRP
  • FCC:20 dBm
  • CE:16 dBm
作業電圧1.2 A @7.4 V

インテリジェントフライトバッテリー

容量4480 mAh
電圧15.2 V
バッテリー種類LiPo 4S
出力68 Wh
重量365 g
作業温度-10°C ~ 40°C
最大充電電力100 W
imoviePhantom 3 Advanced で撮影された映像ファイルはアップルのiMovieまたはFinal Cut Pro Xが正式に対応することになりました。あなたがプロであっても、趣味で撮影される方であっても4K編集が出来ます。

カメラ

センサーSony EXMOR 1/2.3” 有効画素数:12.4 M (合計ピクセル:12.76 M)
レンズFOV 94° 20 mm (35 mm フォーマット同等) f/2.8、 ∞ フォーカス
ISOレンジ100-3200 (ビデオ) 100-1600 (写真)
シャッタースピード8s -1/8000s
最大静止画サイズ4000×3000
写真モード
  • シングルショット
  • バーストショット:3/5/7 ショット
  • オート露出ブラケット (AEB):3/5
  • 0.7EV バイアス時ブラケットフレーム
  • 低速度撮影
動画モード
  • 2.7K: 2704x1520p 24/25/30 (29.97)
  • FHD: 1920x1080p 24/25/30/48/50/60
  • HD: 1280x720p 24/25/30/48/50/60
対応SD カードタイプMicro SD
最大容量:64 GBClass 10 または UHS-1 レーティング必須
最大ビデオビットレート40 Mbps
対応ファイル形式FAT32 ( ≤ 32 GB ); exFAT ( > 32 GB )
作業温度0°C ~ 40°C
写真JPEG, DNG ( RAW )
ビデオMP4 / MOV ( MPEG – 4 AVC / H.264 )

ビジョンポジショニング

速度レンジ8 m/秒未満 (地上 2 m 超)
高度レンジ30 cm-300 cm
作業範囲30 cm-300 cm
作業環境クリアパターンおよび適切なライティング (15 ルクス超) がある表面

バッテリー充電器

電圧17.4 V
定格出力57 W

アプリ / ライブビュー

モバイルアプリDJI GO
EIRP100mW
ライブビュー動作周波数2.4GHz ISM
ライブビュー品質720P @ 30fps (状況とモバイルデバイスによります)
待ち時間220ms (状況とモバイルデバイスによります)
OS要件
  • iOS 8.0 以降
  • Android 4.1.2 以降
推奨デバイス
  • iOS: iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPod touch 6、iPad Pro、iPad Air、iPad Air Wi-Fi + Cellular、iPad mini 2、iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular、iPad Air 2、iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular、iPad mini 3、iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular、iPad mini 4 、 iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular本アプリは iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、 iPhone 6s、 iPhone 6s Plus 用に最適化されています。
  • Android:Samsung S5、Note 3、Sony Xperia Z3、Google Nexus 7 II、Google Nexus 9、Mi 3、Nubia Z7 mini、Huawei Mate 8
  • *試験と開発が進むにしたがって、他のAndroid端末でも対応可能になります。
DJI - Phantom 3 チュートリアル - 開梱パート 1
DJI - Phantom 3 チュートリアル - 開梱パート 1
2015-05-21
DJI - Phantom 3 チュートリアル - 開梱パート 2
DJI - Phantom 3 チュートリアル - 開梱パート 2
2015-05-21
DJI - Phantom 3 チュートリアル - フライト前チェックリスト
DJI - Phantom 3 チュートリアル - フライト前チェックリスト
2015-05-21
DJI - Phantom 3 チュートリアル - フェールセーフ
DJI - Phantom 3 チュートリアル - フェールセーフ
2015-05-21

ファームウェア

  • Phantom 3 Advanced ファームウェア v1.9.60
    2016-06-13
  • Phantom 3 Advanced ファームウェア v1.8.80
    2016-04-07
  • ファームウェアのアップデート方法
    2015-10-22

ソフトウェアおよびドライバー

  • Windows 用
  • Inspire 1/ Phantom 3/ X5 LOG mode Transcoding Tool v1.0.0
    2015-12-07
  • Inspire 1/ Phantom 3/ X5 LOG mode Transcoding Tool v0.9.2
    2015-10-20
  • Windows 用
  • DJI DNG クリーナー v1.1
    2015-04-10
  • Mac 用
  • Inspire 1/Phantom 3/ X5 Transcoding Tool v0.9.2
    2015-10-20
  • DJI DNG クリーナー v1.1
    2015-04-10

DJI GO アプリ

    iOS バージョン v2.9.2.
    iOS 8.0以後のバージョンが必要です。iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus,iPod touch 6,iPad Pro, iPad Air, iPad Air Wi-Fi + Cellular, iPad mini 2, iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular, iPad Air 2, iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 3, iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 4, and iPad mini 4 Wi-Fi + Cellularに対応しています。 このアプリの最適なモバイルデバイスは iPhone 5s, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s , iPhone 6s Plusです。
    Android バージョン v2.9.1. Android 4.1.2 以後のバージョンが必要です。Samsung tabs 705c, Samsung S6, Samsung S5, Samsung NOTE4, Samsung NOTE3, Google Nexus 9, Google Nexus 7 II, Ascend Mate7, Huawei P8 Max, Huawei Mate 8, Nubia Z7 mini, Sony Xperia Z3, MI 3, MI PAD, Smartisan T1に対応しています。

    *その他のAndroidデバイスについては試験及び開発中のため、今後ご利用いただける予定です。

文書およびマニュアル

  • Phantom 3 Advanced リリースノート(英語版)
    2016-06-13
  • Phantom 3 Advanced クイックスタートガイド (日本語版) v1.2
    2016-04-19
  • Phantom 3 Advanced ユーザーマニュアル (日本語版) v1.2
    2016-04-06
  • Phantom 3 Advanced 同梱物 (日本語版)
    2015-09-01
  • Phantom 3 インテリジェントフライトバッテリー セーフティガイドライン v1.0 (日本語版)
    2015-09-01
  • Charging Hub for Phantom 3 Intelligent Flight Batteries v1.0 (英語版)
    2015-09-01
  • Phantom 3 Prop Guards Installation Guide (英語版)
    2015-12-17
  • Phantom 3 安全ガイドラインおよび免責条項 (英語版)
    2015-09-22
  • Phantom 3 カーチャージャーマニュアル(英語版)
    2016-06-17
  • Phantom 3 インテリジェントフライトバッテリーヒーターマニュアル(英語版)
    2016-06-17
  • * 注記:
    DJI Innovations は使用、セットアップ、最終組み立て、改造 (モーター、ESC、プロペラなどのDJI 非指定パーツの使用を含む) または誤使用について管理することができないため、結果として生じるあらゆる損害または傷害について一切の責任を負わないものとします。ユーザーはその使用、セットアップ、または組み立てによる結果として生じるあらゆる責任を負うものとします。
FAQ
Phantom 3 Professional と Phantom 3 Advanced との間の最も大きな違いはカメラにあります。Phantom 3 Professional は華やかな 4K ビデオを 1 秒につき最大 30 フレームにて撮影することが可能であり、Phantom 3 Advanced は最大解像度1080p60 で撮影することが可能です。両モデルとも 12 メガピクセルの写真を撮影します。
その他の主な相違点は「インテリジェントフライトバッテリー」チャージャーです。Phantom 3 Advanced には 57-ワットの充電ユニットが付属しており、Phantom 3 Professional には充電時間のより短い 100-ワットのチャージャーが付属しています。
できません。両モデルとも取り外しができないカメラが付いています。カメラを取り外したり、交換したり、変更したりすると、製品に損傷を与える可能性があり、保証を無効にする結果となります。
リモコンチャージャーとインテリジェントフライトバッテリーチャージャーは利便性のために一つのユニットに統合され、一度に一つのアイテムのみを充電することが推奨されます。統合されたチャージャーを使用して両方のアイテムを同時に充電するようなことは決してしないことをお勧めします。
リモコンの後ろにある二つのボタンはカスタマイズが可能であり、DJI Pilot アプリを通して選択可能な機能に割り当てることができます。詳細情報はマニュアルをご参照ください。
シグナルの送信距離は環境状況によって異なりますが、Phantom 3 シリーズはパイロットから最長 1.2 マイル (2 キロメートル) の距離に達することが可能です。
Phantom 3 は iOS および Android 用の DJI Pilot アプリに適合性があり、それは DJI Inspire 1 ではすでに用いられています。アプリはどの航空機が接続されているかを検出し、それにしたがって自動的に調整します。

DJI Pilot アプリは、iOS 8.0 以降または Android v4.1.2 以降が稼働するデバイスとのみ互換性を持ちます。
以下のデバイスが推奨されています:
iOS: iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPad Air、iPad Air Wi-Fi + Cellular、iPad mini 2、iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular、iPad Air 2、iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular、iPad mini 3、iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular本アプリは iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus 用に最適化されています
Android:Samsung S5、Note 3、Sony Xperia Z3、Google Nexus 7 II、Google Nexus 9、Mi 3、Nubia Z7 mini
試験と開発が進むにしたがって、他の Android 端末でも対応可能になります。

Director は、DJI Pilot アプリ内に構築されている自動ビデオエディターです。複数のビデオクリップを録画した後、アプリのホーム画面から「Director」をタップするだけです。続いて、即座に共有可能なショートフィルムを作成するために自動的に組み合わされるテンプレートと特定のクリップの番号を選択します。
デフォルト設定では、リモコンはモード 2 に設定されています。これは、右のコントロールスティックが航空機の動きをコントロールし、左のコントロールスティックが航空機のスロットルと方向をコントロールすることを意味します。これらのコントロールはモード 1 にて変更したり、DJI Pilot アプリ内でカスタマイズコンフィギュレーションに設定することが可能です。これは高度なユーザーに対してのみ推奨されます。
いいえ。Phantom 2 のリモコンは Phantom 3 との適合性がありません。Phantom 3 は 2.4 GHz で実行されるすべての新しいリモコンを使用でき、カメラのコントロール専用のボタンを持ち、お客様の必要性に応じてカスタマイズ可能なボタンを持っています。
いいえ。Phantom 3 は新しくデザインされた電力の大きいインテリジェントフライトバッテリーを使用します。Phantom 3 には、容量 4480 mAh および電圧 15.2 Vを持つ、4 つのセルバッテリーが搭載されています。
これは通常のことです。インテリジェントフライトバッテリーの電源をオフにしようと試みた後、ビデオのデータが Micro SD カードに保存されるため、数秒間オンであり続ける可能性があります。これによってデータが失われたり破損したりすることを防ぎます。
いいえ、リモコンを別途に購入する必要はありません。Phantom 3 には航空機に既に接続されているリモコンを付属しています。
いいえ。付属のリモコンは航空機とシンバルの傾斜の両方を同時にコントロールするために使用されます。

フライトモードスイッチと呼ばれるこのスイッチにより、異なるフライトモードへトグルすることができます:
P モードまたはポジショニングモードは、GPS とビジョンポジショニングシステム両方がアクティブであることを示しており、お使いの Phantom 3 は両方を使用して安定化を試みます。
A モードまたは姿勢モードでは、機体は GPS またはビジョンポジショニングシステムを使用しません。安定化にはバロメーターのみが用いられます。十分な GPS 信号が利用できる限り、機体はホームポイントに戻ることが可能です。
F モード、または機能モードでは、インテリジェントオリエンテーションコントロール (IOC) 機能をアクティベートします。ユーザーマニュアルの付録の IOC セクションを参照してください。
初期設定では、P モードのみ使用することができます。他のモードのロック解除の説明は、ユーザーマニュアルを参照してください。

フライト時間は環境状況及び使用パターンによって異なりますが、インテリジェントフライトバッテリーは完全に充電されている状態で最大 23 分までの継続的フライト時間を提供するように設計されています。
カメラから Micro-SD カードを抜き取らないでください。抜き取られてしまっている場合は、カメラに差し戻してください。Phantom 3 をオンにし、ビデオファイルが保存される間約 30 秒間待ちます。
モバイル端末の設定を調整する必要がある可能性があります。[設定] メニューを開き、[プライバシー] タブに続いて [写真] タブを選択し、DJI Pilot アプリアイコンの横にあるスイッチをトグルします。Pilot アプリにあなたのアルバムへのアクセスが与えられていない場合、写真とビデオは同期されません。
航空機を平らで水平な表面にホバリングさせてください。航空機が地面に触れるまでスロットルスティックをゆっくりと引き下げます。
全てのバッテリーは梱包されて発送される前に試験されています。これによって新しいバッテリーの放電時間に影響があり、放電時間がゼロではないのはこのためです。バッテリーは安全に使用できます。
いいえ、できません。
mobile

革新的なアプリで産業に大変革をもたらしてください。

Mobile SDKを使用して、カスタマイズしたモバイルアプリを構築し、お持ちのDJI空撮プラットフォームの潜在能力を最大限に引き出してください。あなたの斬新なアイデアがすべて実現可能です。

詳しくはコチラ
Phantom 3 Advancedを購入

高性能飛行システムで安定した空撮を実現、 オールインワンのミドルレンジモデル。