撮影現場の常識の、その先へ。

DJI WORKSHOP: Moving with cameras ™ >

DJI Ronin で短編映画撮影

DJI Ronin で短編映画撮影

長時間撮影シーンのかげで

長時間撮影シーンのかげで

DJI - Ronin の紹介

DJI - Ronin の紹介

3 軸の安定で携帯できるジンバルシステム

DJI Ronin は映画製作のプロフェッショナル用に開発されており、カメラ安定化技術で世代を超える飛躍を遂げています。カスタムセンサ、パワフルなモーター、先進のアルゴリズムによってワールドクラスの精密さを手にします。

設定時間をセーブ

カメラが設定されれば、Ronin は 5 分ほどの短時間で撮影準備ができるため、時間がセーブできて設定の効率が上がります。組込み済の ATS (Auto Tune Stability) 技術が、簡単にインテリジェントに Ronin をカメラ一式にチューニングします。

スムーズトラックコントロ―ル

Ronin の傾斜とパンの動きがスムーズで安定したカメラアングルの変更に変換されます。

3 つの動作モード

3 つの異なる動作モードによって Ronin は様々なシナリオで使用できます。3 つのモードには Ronin のアシスタントアプリケーションで二人目のオペレータリモートの設定変更をすることなく入ることができます。SmoothTrack 機能は 3 つのモード全てに残ります。

1

アップライトモード

ジンバルを持ち上げるために歪ませることなくより高い展望を得るために、ジンバルを反転させてカメラを目のレベルの近くまで持っていきます。Ronin を車のサンルーフの外に付ける時または群衆の上を撮影しようとする時はこのモードを使います。

2

吊り下げモード

デフォルトのジンバル動作は吊り下げモードです。カメラは地上、胸のレベルまたはその間のどこのレベルに対しても心地よく低く保つことができます。このモードは Ronin がカメラジブまたはクレーンから吊られる場合にも使われます。

3

ブリーフケースモード

スリムなジンバルの輪郭が必要な時、つまり出入り口または狭い経路を通って移動する時は、ブリーフケースモードが理想的です。このモードでは、ジンバルはまさにブリーフケースのように側面と脚の近くに保つことができます。

優れた耐久性、
高い製品品質

航空機級のアルミで精密機械加工されているため、Ronin はセットでの乱暴な使用にも耐えられ信頼性に対する高い要求にも答えます。緩んだケーブルも結束バンドもなくクリーンでプロフェッショナルな外観です。

モバイル Bluetooth アシスタントソフトウエア

The feature-rich iOS and Android DJI Assistant software allows easy setup of all system configurations. The PC and Mac Assistant also provides control of all the Ronin’s functionalities in addition to firmware upgrades for future features.

シンプルな 5 分間セットアップ

少し練習をすれば、カメラの設定がいつ変更されても Ronin のセットアップとバランスは 5 分以内でできます。これで時間がセーブされるため、Ronin は常に秒刻みのプロフェッショナルな環境のもとでより効率的になります。組込み済の ATS (Auto Tune Stability) 技術が、簡単にインテリジェントに Ronin をカメラ一式にチューニングします。

多数のカメラとレンズをサポート

Ronin は特定のカメラ用にカスタマイズしていません。小型で軽い Micro-Four-Thirds カメラから Red Epic のようなヘビーなシステムまでのどんなものを運べるように簡単に調整ができます。

ZENMUSE 技術
をもとに

DJI Zenmuse のジンバルは世界で初めて商業的に利用できるようになったシステムで、プロフェッショナルな映画製作や空撮用のブラシレスモーターの技術を利用していました。Zenmuse のジンバルラインは、長い間他社の比較する用のベンチマークになってきました。Ronin は同じ技術をもとにしており、複数のコントロールモード、組込み済の IMU、カスタマイズしたダイレクトドライブ ブラシレスモーターを備えています。

2 人目のオペレータのコントローラー

同梱の 2 人目オペレータの送信機を使って、2 人目のオペレータは Ronin の動きとは独立にパン、傾斜、回転をさせることができます。SmoothTrack の速度と動作モードは、送信機の 2 つのカスタムトグルスイッチで設定することができます。

高性能処理パワー

カスタマイズされた先進の 32-bit 浮動小数点 DSP プロセッサによって、搭載されたエンコーダからの信号のより速い処理にとって ARM プロセッサよりもより効率的になりました。

高トルクで正確にコントロールされるモーター

モーターは Ronin を念頭に置きながら開発されました。コントロールを使えば、高い精度、少ない振動、高められたトルクが期待できます。各軸の Digital Absolute Positioning Encoders(デジタル絶対位置エンコーダ)が最高レベルの精度を提供します。カスタムモーターモジュールと機能の組み合わせは他のシステムでは見られません。

組込み済の受信機とリモコン

組込み済の DJI 受信機によって Ronin は 2 人目のオペレータによってリモコンで操作ができます。2 人目のオペレータがカメラの動きに注意を払っている間に、ジンバルのオペレータはジンバルの動きに集中できます。空中映画撮影法用のフライングプラットフォームで作業している時は、2 人目のオペレータモードもジンバルのコントロールにとって役に立ちます。DJI 以外の受信機が必要な場合は、D-Bus ポートも同梱しています。

クイックリリース トップハンドルバー

トップバーは迅速なセットアップと停電のための簡単な取付け取外しができるクイックリリースシステムを特長としています。同じ付属品は車またはマルチローター搭載用に使うことができます。

クイックスワップ スマートバッテリー

4 時間を超えるランタイム

トップバーアクセサリの取り付けの際には、ビデオモニター、第 3 者のビデオ送信機、他などのアクセサリを簡単に取り付けられます。

配電ボックス

2 つの安定化した 12V P-taps、1 つの 500mAH フルサイズ USB コネクタ、DJI Lightbridge 長距離 HD ビデオダウンリンク用の接続ポイントも備えられています。これによって配線を最小限に抑えながら、フォローフォーカスシステム、HD ビデオダウンリンク、他などの様々なアクセサリ用の便利なパワー接続ができます。

フォローフォーカスアクセサリ用の 15mm デュアルロッド

フォローフォーカスシステムとマットボックスは、工業規格のデュアル 15mm セグメントロッドでRonin に簡単に取り付けることができます。セグメントロッドは、カメラとレンズのセットアップによって様々な長さのカスタマイズを見込んでおきます。

保護キャリングケース

非常に強く耐久性、水密性があるローラー付きのキャリングケースで運搬が簡単です。高密度のカスタムカット EVA フォームが Ronin とアクセサリを保護します。

  • 自動設定

    カメラ一式のバランスをとったあと自動チューン安定ボタンをタップするだけで Ronin を使用するようにチューニングします。カメラ一式の重さをもとにパラメータをインテリジェントに調整、また最適な設定が見つかるまで個々の軸を独立に調整します。Auto Tune Stability はコントロールシステムの他の側面についてもファインチューニングを行い、素早く簡単にバランスをとります。

  • SmoothTrack のチューニング

    個々の速度を好みまでチューニングします。SmoothTrack は Ronin オペレータの動きをもとに動きの変換を行います。Ronin のオペレータがジンバルを上下左右に動かしたり傾けたりする度に、カメラがジンバルが動く方向に上下左右に動いたり傾いたりの動作をして速度を落とします。この上下左右に動かしたり傾けたりする動きの速度はソフトウエアを使って独立に調整することができます。変換された動きの加速度も同様にファインチューニングできます。Ronin のオペレータが 2 つの位置の間をすばやく上下左右に動かしたり傾けたりする必要があり、また標準速度が十分でない場合は、ゆっくりになる動きに影響を与えることなく加速された速度を調整することができます。

  • リモートオペレータコントロール

    送信機の全設定は DJI アシスタント で行うことができます。コントロール速度、コントロールジョイスティックが行うマッピングのリマッピング、終点の調整もアシスタントで設定することができます。

  • Ronin スタット

    Ronin のバイタルスタットもアシスタントアプリケーションで見ることができます。バッテリー寿命に加えて、モーターのパワー、パン - 傾斜 - 回転 軸の動きの程度、電子温度モニターなどのキーアイテム

  • ファームウエアのアップグレード

    発送するユニットは最新のファームウエアを搭載しておりますが、当社は革新を目指して弛まぬ努力もしており、改善された性能と将来の機能を取り込むためにファームウエアのアップデートをオンラインで行って頂きます。

次世代空撮カメラ

この新しいフォローフォーカスを送信機に接続するだけで、画像を調整する正確でなじみのあるフォーカスリングが得られます。

詳しくはコチラ
RONIN を購入

パワフルさとスムーズさを追求、プロが求める自由自在のハイエンドジンバル。