Ronin-M

カメラワークも映像も、思いのままに。

DJI WORKSHOP: Moving with cameras ™ >

Ronin-Mで撮影した短編映画「Lifted」をご覧ください。

Behind-the-Scenes footage

ここをクリックして舞台裏の映像をご覧ください。

Ronin-M

簡単組み立て・調整および正確なバランス調整

時間を節約し、5分以内にプロフェッショナルレベルの安定したビデオ撮影を開始できます。Ronin-Mにカメラを載せ、素早くバランスを取りボタンを押します。アップグレードしたATS (Auto Tune Stability)技術により、以前より精度が向上し他のツールを使用することなく調整プロセスおよびバランス取るプロセスが完了します。簡単で効率的です。

比類ない柔軟性を求めた簡単な分解

撮影のスペースがほとんどない時でも、タイト・ショットを撮ることができ、Ronin-Mを手軽に持ち運びすることができます。トップハンドバーは、ひねって素早く簡単に取り外すことができるので、本体のサイズを最小限にでき様々な撮影設定や数秒での梱包・開梱が可能になります。

Ronin-M

新しいマグネシウムフレーム

Ronin-Mは、あらゆる撮影環境において厳しい使用条件に耐えます。優れた頑強性と剛性を備えたマグネシウムフレームを特徴とするRonin-Mは、強化された剛性と軽量化を実現します。製造および鋳型を作るのが難しいことで有名なマグネシウムは、簡単な操作性を維持し、機材対応のオプションを増やしながら、新しいより正確な撮影体験を実現します。

Ronin-M

スムーズトラックコントロ―ル

操作者が一人の場合でも、スムーズトラック技術により、Ronin-Mは確実に撮影者の動きを読み取り、スムーズにカメラアングルを変更します。どんなに動いたとしても、完全な安定性を保ったまま、カメラは直感的にご希望の方向を向きます。不感帯から加速までのスムーズトラックの速度設定は、完全にカストマイズが可能で、スムーズトラックが動作軸1軸だけにしたがってカメラをガイドする間、「単一軸フォローモード」により2軸を固定することができます。

エンドレスな撮影シナリオ、柔軟なソリューション。

他の機材では不可能な映像を撮影します。設定調整や別の操作者の遠隔操作を必要とせずに簡単に3つの操作モードを切り替えることができます。

  • 吊り下げモード

    最も一般的な撮影モードでRonin-Mを胸の正面に保ち、楽に快適に撮影が行えます。

  • アップライトモード

    軽量のRonin-Mを反転させ頭の上に持ち上げ、目の位置より高い位置で撮影します。このモードは、車のサンルーフからや群衆の上からの撮影に最適です。

  • ブリーフケースモード

    ブリーフケースモードでは、狭い空間や出入口を通過する時の撮影が楽に行えます。ジンバルを垂直に回転させ、体の横でブリーフケースのように持ちます。

Ronin-M

長寿命バッテリー

6時間を超える動作時間をもつRonin-Mのスマートバッテリーで、すべての撮影が終わるまで1日中撮影できます。過充電および過放電の保護機能が内蔵されているため、個々の電池セルの充電はバランスが取れています。電池残量は、明るいLEDとアシスタントモバイルアプリに表示されます。

Ronin-M

強力なモーター、正確なコントロール。

高性能を念頭に置いて設計されているRonin-Mのブラシレスモーターは、低振動と高トルクを維持しつつ、非常に精密でかつ強力です。各軸のデジタルアブソリュートポジショニングエンコーダー(Digital Absolute Positioning Encoders)およびチルト(上:105⁰/下:165⁰)軸と回転(± 110⁰)軸両方の制御可能動作域がより一層広範囲であることで、業界トップの精度がさらに一層向上しています。

Ronin-M

サイレントモード

室内や狭い場所での撮影時に、新しいサイレントモードにより各モーターの音がほぼ聞こえない程度まで低減しています。Ronin-Mの安定化アルゴリズムは、わずかな変化や安定性に応じ強度に焦点を当て瞬時に変化し、モーターの音が感度のよいマイクやその他の録音機材に録音されないようにします。

Ronin-M

第2操作者により不可能な撮影を可能に

たあらゆるものを撮影することができるようになりました。協働してカメラの持ち手からカメラの動きを完全に独立させることにより、完璧なフレーミングを得ることができ、さらにより複雑なカメラの動きを完璧に実現します。

Ronin-M

頑丈な支持アーム

カメラプレートを保持するU字型アームを形成する、マグネシウム製の精密加工された一体成型部品により剛性を強化しています。DJIの広範囲にわたる製造領域と専門知識によってのみ可能となったこの一体型デザインにより、複数の部品を組み合わせたシステムに共通の欠点がなくなりました。分離する部分が緩んだり、離れたりする可能性がないので、このアームにより安定性が増すだけでなく、信頼性も向上します。

Ronin-M

あらゆるものに搭載可能

様々なユニバーサル接続に対応するクイックリリースシステムを使用して簡単にRonin-Mを搭載することができます。数秒でトップバー組立部を取り外し、Ronin-Mをジグやクレーン、三脚などあらゆるものに取り付けることができます。

Ronin-M

ツールへの電源供給

主要なアクセサリーに電源を供給しながら、専用の配電ボックスにより配線は最小限に抑えられています。安定化した12V Pタップ2口、500mAHの普通サイズのUSBポート1口、DJIのLightbridge接続ポート1口により必要なものすべてを接続し電源供給することができます。

Ronin-M
Ronin-M

ブルートゥース対応のアプリ
オプションの世界

ブルートゥース上でRonin-Mに接続する簡単なDJIのアシスタントアプリを使って、移動中でも設定を変更できます。自動調整-お気に入りの設定を調整し、Ronin-Mの状態を監視し、スムーズトラックを数秒でカストマイズできます。

Ronin-MRonin-M

更新可能なファームウェアによる将来の保証

オンラインで最新のファームウェアをダウンロードしRonin-Mを即座に更新することによって、新しい機能や更新内容を利用することができます。

Ronin-M

互換性のある親指コントローラー

オプションのDJI Ronin親指コントローラーと完全に互換性のある内蔵受信器を使用して、カメラ動作のコントロールをより向上させることができます。操作が素早く簡単なため、任意の方向にカメラを向け、プリセット設定値を保存することができます。

詳しくはコチラ
Ronin-M

次世代空撮カメラ

この新しいフォローフォーカスを送信機に接続するだけで、画像を調整する正確でなじみのあるフォーカスリングが得られます。

詳しくはコチラ
RONIN-M を購入

手軽さとクオリティを兼ね備えた、 頼れるハンディジンバル