撮影現場の常識の、その先へ。

DJI WORKSHOP: Moving with cameras ™ >

一般

内蔵機能

3 つの操作モード
· 吊り下げモード
· 垂直モード
· ブリーフケースモード
内蔵の独立 IMU モジュール
エンコーダ付 DJI 専用ジンバルドライブモーター
Bluetooth モジュール
USB 接続
2.4GHz 受信機
温度センサー
DJI アドバンスド 32ビット DSP プロセッサー
D-Bus 受信機に対応

機械的 & 電気的仕様

動作電流· 静的電流:300mA (@16V)
· 動的電流:600mA (@16V)
· 拘束電流:最大 10A (@16V)
動作環境温度-15°C ~ 50°C (5°F ~ 120°F)
重量4.20kg (9.26lbs) ハンドルバーによる全積載
ジンバル寸法620mm(幅) x 280-380mm (奥行)x 500mm(高さ)

周辺装置

カメラトレイ寸法カメラベースプレート上の重心における最大奥行:140mm
カメラベースプレート最上部から測定した最大高さ:225mm
最大幅:195mm
アクセサリー用電源コネクター12V 調整済み電源タップ x 2、USB 500mW x 1、DJI Lightbridge x 1
GCU 入力電源4S Ronin バッテリー
接続2.4GHz リモコン、Bluetooth、USB
PC/MACアシスタントソフトウェア要件Windows XP SP3、Windows 7、Windows 8 (32 または 64 ビット)
モバイルアシスタントソフトウェア要件iOS バージョン 6.1 以降、モバイルデバイス iPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5s、iPod touch 5、iPad 3、iPad 4、iPad mini

動作性能

積載重量 (参考値)7.25kg (16lbs)
ジンバル精度± 0.02°
制御可能最大回転速度パン軸:90°/s

チルト軸:100°/s

ロール軸:30° /s
制御可能回転角度パン軸コントロール:360° 
チルト軸コントロール:上 45° から下 120° まで
ロール軸コントロール:± 25°
Ronin DJI アシスタントアプリ概要 
Ronin DJI アシスタントアプリ概要 
2014-10-08
妥協なし – DJI Ronin の製造
妥協なし – DJI Ronin の製造
2014-09-16
DJI - Ronin の準備とバランシング
DJI - Ronin の準備とバランシング
2014-08-29
DJI - Ronin の紹介
DJI - Ronin の紹介
2014-07-08

文書およびマニュアル

  • Ronin リリースノート(英語版)
    2016-07-26
  • Ronin ユーザーマニュアル (日本語) v2.0
    2016-03-30

ソフトウェアおよびドライバー

    iOS Version v1.1.28
    Android version v1.1.0
    * Scan QR code to download the app. Mobile Assistant Software Requirements: iOS version 7.0 or above/ Android system version 4.3 or above with bluetooth 4.0 support.

  • Ronin Assistant Software v2.4
    2016-07-26
  • Ronin Firmware IMU v3.1
    2016-01-07
  • Ronin Firmware GCU v1.3
    2016-07-26
  • Ronin Assistant Software v1.8
    2015-06-30
  • Ronin Firmware IMU v3.0
    2015-06-30
  • Ronin Firmware GCU v1.0
    2015-06-30
  • Ronin Assistant Software v1.4
    2014-11-07
  • Ronin Firmware IMU v2.3
    2014-11-11
  • Ronin Firmware GCU v0.12
    2014-07-25
  • DJI WIN Driver Installer
    2013-01-18
  • Ronin Assistant Software v2.4
    2016-07-26
  • Ronin Firmware IMU v3.1
    2016-07-26
  • Ronin Firmware GCU v1.3
    2016-07-26
  • Ronin Assistant Software v1.4
    2014-11-07
  • Ronin Firmware IMU v2.3
    2014-11-11
  • Ronin Firmware GCU v0.12
    2014-07-25
  • * 重要な注記:
    DJI Innovations は使用、セットアップ、最終組み立て、改造 (DJI非指定パーツの使用または誤使用を含む) については管理が及ばないため、結果として生じるあらゆる損害または傷害については免責とするものとします。ユーザーはその使用、セットアップ、または組み立てによる結果として生じるあらゆる責任を負うものとします。
Roninは、映画撮影のプロフェッショナルのために開発された手持ち型3軸カメラ安定化ジンバルです。
さまざまなカメラを搭載することができ、ほとんどの状況で手持ち撮影によるスムーズかつ安定した動画収録を実現します。
SmoothTrackモードを使用することで、ジンバルオペレータが1人でも、ジンバルのチルトとパンの動きを滑らかで安定したカメラアングルに変えることができます。
このモードにより、オペレーター1人でも広角または近接シーンのフレーミングがかなり容易になりました。
ハンドルバーとバッテリーを含めて重量は 4.20kg です。
Roninはアルミニウム合金製です。つまり、他の手持ち型ジンバルと比べて、Roninでは積載重量が増加し、構造安定性も向上しています。
Roninの最大積載重量は7.25kgです。
ハンドルバーはカーボンファイバー製で、ジンバル本体はアルミニウム合金製です。
現在のところ、奥行きは最大140mm (CGで測定)、高さは最大225mm、幅は最大195mmのカメラに対応しています。最大積載重量は、7.25kgです。
BMPCC、BMCC、Canon 1Dc、Canon 5D MK II、Canon 5D MK III、Canon 6D、Canon 7D、Canon C100、Canon C300、Canon C500、Nikon D800、Panasonic GH3/GH4、Red Epic/Scarlet、Sony Nex7などのカメラをご使用いただけます。
難しくありません。カメラのバランス調整にツールは必要ありません。
異なるカメラを設置するための設定変更も素早く簡単に行えます。
付属しています。Ronin には極めて頑丈で耐久性のある、防水キャリングケースが付属しています。
簡単に持ち運べるように、キャリングケースには車輪と伸縮可能なハンドルが付いてます。
付属しています。Roninには第2オペレーター用送信機が同梱されています。
これにより、第2オペレーターはRonin の動きに関係なく、パン、チルト、ロールを行うことができます。
第2オペレーター用送信機でもモードとスピードの選択は可能です。
付属しています。Roninを吊すまたは保管するためのチューニングスタンドが付属しています。
のチューニングスタンドの上半分は、上部のノブを緩めることで取り外すことができ、任意のCスタンドと使用することができます。
Cスタンドを使用する場合、Roninが転倒しないようにスタンドのバランスをチェックしてください。
テーブルの上にスタンドを設置する場合、テーブルが水平で表面に凹凸がないことを確認してください。
従来の3400mAh 4Sスマートバッテリーを完全に充電した場合、搭載カメラやジンバルの使い方次第で4時間以上稼働します。
新しい4350mAh 4Sスマートバッテリーを完全に充電した場合、搭載カメラ及びジンバルの使い方次第で6時間以上稼働します。
Roninにはバッテリーは1個しか同梱されていませんが、予備バッテリー用に3つのスペースが確保されています。
違います。Roninのバッテリーは4Sで、Phantom 2シリーズのバッテリーは3Sです。
できません。Roninのバッテリー充電器を使用してください。
同梱の送信機と内蔵のDJI受信機を使用した場合、操作範囲は約 100~200m です。
DJI製以外の受信機が必要な場合のD-Bus ポートも備わっています。
必要ありません。Ronin の組み立ては非常に簡単です。
クイックリリースボタンが備わった上部のハンドルバーを使用前に取り付けるだけです。
DJIアシスタントアプリにより、Bluetooth経由ですべてのシステムパラメータを簡単に設定することができます。
Appストアで「DJI Assistant」を検索して、iOSバージョンをダウンロードしてください。
アンドロイド用アプリは近日公開されます。
Phantom 2の送信機は互換性がありますが、Phantom 2 VisionとVision+の送信機は互換性がありません。
Ronin は2.4Ghzの送信機を使用しています。
Futaba送信機など2.4Ghzの送信機をペアリングしたり、サードパーティのS-BUS/PPM送信機や受信機を使用したりすることもできます。
違います。システムのバッテリー、モーターおよびその他の電子機器は防水仕様になっていません。
できます。トップバーにはクイックリリースシステムが搭載されているため、簡単に取り付け、取り外しができます。
同じ付属品はRonin を車やクレーン、マルチローターに取り付けるために使うことができます。
詳細
できます。Roninは2.4Ghzの送信機に対応しており、DJI製以外の受信機を使用したい場合のD-Bus ポートが付いています。
多少練習をすれば、カメラの設定が変更されても、Roninのセットアップとバランス調整は5分以内でできます。一度セットアップすれば操作は非常に簡単です。
出荷時にすべてのユニットは最新のファームウェアを搭載しておりますが、最新の性能と新しい機能を取り込むため、ファームウェアのアップデート版はオンラインで入手できます。
アップデート版をダウンロードし、標準USB ケーブルを使用してRoninのファームウェアをPCアシスタントからアップデートします。
DJI Lightbridge 用接続ポートは配電ボックスにあります。
3つの異なる操作モードがあります。これらのモードにより、さまざまな状況でRoninを使用することができます。
3つのモードとは、アップライトモード、吊り下げモード、ブリーフケースモードです。
初期設定の操作モードは吊り下げモードです。
吊り下げモードからアップライトモードへ切り替えるには、Roninが正面を向くようにしてください。
ジンバルを反転させ、カメラを目の高さまで持っていき高い視野を得るようにします。
吊り下げモードからブリーフケースモードへ切り替えるには、ハンドルバーをジンバルに対して90 度回転させ、モードが自動的に切り替わるまでハンドルバーを下向きに振ります。ブリーフケースモードは、アシスタントアプリで有効化する必要があります。
このモードスイッチはSmoothTrackモードのポジションを1、2、3の 三段階で切り替えるために使用します。
この機能スイッチはSmoothTrackスピードを選択するために使用します。3つの選択肢があります。
高速、通常、低速です。各スピードの値はアプリまたはPCアシスタントで事前に設定できます。
また、この機能スイッチをポジション1からポジション3へ素早く三回トグルすると、モーター強制終了スイッチが有効になります。
モーター強制終了スイッチをオフにする場合、同様の手順を行います。
SmoothTrackモードで、Roninはカメラを向けたい方向へ自動的に向けます。親指コントローラーを使用すれば、Ronin を自在に操ることが可能です。
内蔵のバランス調整システムはセットアップ、調整にツールを必要としません。
異なるカメラを設置するためのセットアップの変更はすばやく簡単に行えます。
カメラの取り付け用プレートを締め付けたり、緩めたり、調整ノブを緩めたりするために使用する六角レンチが同梱されています。
フォローフォーカスシステムとマットボックスは、工業規格のデュアル 15mm セグメントロッドを使用して Roninへ簡単に取り付けることができます。
セグメントロッドは、お使いのカメラとレンズのセットアップによって様々な長さへカスタマイズすることができます。
調整式 12V 電源タップ 2 個と 500mAh フルサイズ USB コネクタ 1 個により、フォローフォーカスシステム、HD ビデオダウンリンクなどの各種アクセサリーへの電源供給が簡単になります。
今後、アクセサリーにより大型カメラの使用が可能になる予定です。
約200~300回のバッテリーの充放電が可能です。
従来のバッテリー(3400mAh)では約60分かかります。
新規のバッテリー(4350mAh)では約95分かかります。
調整式12V電源タップ2個と500mAHフルサイズUSBコネクタ1個、DJI Lightbridge HDビデオダウンリンクポートにより、配線を最小限に留めながらその他の機器への電源供給が容易になります。 このシステムでは追加のカメラへ電源を供給することはできません。
標準のRoninには1年限定保証が付いていますが、お住まいの国により変わることがあります。
詳細については、http://www.dji.com/serviceでご確認ください。
フライトプラットフォームには十分な積載重量があり、Roninとアクセサリーの重量を支えることができる安定性が必要です。
Zenmuse シリーズのジンバルと違い、Ronin にはゴム製ダンパーが付いていないことにご留意ください。
トップハンドルバーを取り付けてからバッテリーを取り付け、カメラを搭載してバランスを調整します。
その後、Auto Tune Stability(自動安定性調整)ボタンをタップすれば準備完了です。
追加のセットアップおよびカスタマイズはDJIアシスタントモバイルアプリから行うことができます。
新規バッテリー(4350mAh)は新規の充電器で充電することをお勧めします。
従来の充電器では、新規のバッテリー(4350mAh)容量の90%しか充電できないというのが理由です。
また、従来のバッテリー(3400mAh)の充電は、従来の充電器で行う必要があります。
RONIN を購入

パワフルさとスムーズさを追求、プロが求める自由自在のハイエンドジンバル。