DJI Goggles

壮大な飛行体験を、装着しよう

Play video

DJI Gogglesは、DJI 製品によるFPV 飛行の映像をシームレスに伝送するために設計された、快適なゴーグルです。[1]超高品質大型ペアスクリーン、長距離で低遅延なワイヤレス伝送と、映像の明るさやシャープネスの調整を含む写真や動画撮影のダイレクトコントロールを組み合わせたゴーグルです。ActiveTrack (アクティブトラック)モード、TapFly (タップフライ)モード、地形フォローモード、トライポットモードといったインテリジェント・フライトモードで、まったく新しい次元の飛行体験を実現します。

  • 超高品質画面

  • インテリジェントフライトモード対応

  • 没入感のある体験

  • 人間工学に基づいた設計

  • 稼働時間最大6時間

低遅延伝送

DJI Goggles は、720p/60fpsの動画伝送と1080p/30fpsの短距離動画伝送[2]を、わずか110msという非常に低遅延で実現します。[3]DJIのOcuSync ワイヤレス伝送システムを使用して、最大4台の機器を同時にMavic Pro に接続できます。[4]ヘッドバンドに内蔵されているアンテナは、360°の範囲を確実にカバーできるため、機体が自分の後ろを飛んでいたとしても、信頼性の高い接続を確立します。[5] 飛行をしながら友達に空からの俯瞰映像を見せて、没入感のある飛行の楽しさを共有しましょう。

  • 720/60

    高フレームレート

  • 1080/30

    高品質画質

  • 360°

    範囲

  • 110ms

    超低遅延

高解像度

DJI Gogglesは2つの1920x1080のスクリーンを搭載しているため、標準的な単一の2Kスクリーンの2倍以上の画素数を実現しています。(標準的なゴーグルの「2K」スクリーンは、左右それぞれの目に対応し、2つの1280x1440のセクションに分割されています。16:9の映像を見る場合、一部のセクションはさらに切り取られ、利用可能画素数の4分の1しか残っていません。)

高解像度の映像

スクリーンの解像度が高いので、高精彩でクリーンな映像を楽しむことができます。DJI Gogglesは連続で最大6時間使用可能です。

光学設計

DJI Gogglesは、ビームスプリッターを使用して左右の目の前に映像を表示します。また、偏光の特性を利用して映像の重なりを防ぎます。これにより、片目ごとに1920x1080のフルHD解像度の映像を生み出すことができます。ゴーグルの大口径非球面レンズを併用すると、片目ごとに85°の視野が生まれ、没入感を最大化します。

ヘッドトラッキング[1]

頭の動きで機体のヨーとカメラのチルトをコントロール (-90°、+30°)できます。これは、送信機のコントロールスティックと同じです。左か右に旋回するには、頭を左か右に回すだけです。旋回を停止させるには、頭を真っすぐにしてください。モーションコントロール・ジンバルモードでは、ヨーに影響をおよぼすことなく、ジンバルだけが動きます。

タッチパッド

メニューを選択し確認します

電源ボタン

ゴーグルの電源オン/オフに使用します

機能ボタン

フォーカスモードやその他の機能に移行します

タッチパッドと送信機[1]

DJI Gogglesに内蔵されているタッチパッドか、Mavic Proの送信機にある5Dボタンで、主要なインテリジェント機能にアクセスできるので、内部のメニューシステムの操作が容易に、そして直感的におこなえます。

インテリジェントフライト[1]

DJI Gogglesは、まったく新しい飛行方法である固定翼モードを可能にします。 このモードでは、機体は左右に回転しませんが、十分な回転運動で前進し、現実に近いフライトシミュレーションが行えます。ヘッドトラッキングモードと組み合わせて、頭を動かしてMavic Proを操作し、存分に飛行体験を味わうことができます。固定翼モードのAR軌道予測機能で、複雑な環境下でもより安全にこのモードを使用できます。その他のインテリジェント・フライトモードには、地形フォローモード、ActiveTrack (アクティブトラック)モード、TapFly (タップフライ)モード、シネマティックモード、トライポッドモードがあります。

快適で柔軟性のあるデザイン

独自のデザインであるハードタイプヘッドバンドで、ゴーグルの重量が頭部にバランスよく分散されます。これにより顔面への圧力を最小限に抑え、長時間使用しても常に快適です。眼鏡をかけていても、ゴーグルを快適に装着できます。DJI Gogglesのスクリーン部分は、跳ね上げて実際の世界を見たり、すべてすぐに取り外すこともできるので、簡単に保管したり持ち運んだりできます。

PHANTOM SERIESSPARKMAVIC PROその他HDMI シンクデバイスINSPIRES

多数の機器を接続可能

幅広い内蔵インターフェースで、ゴーグルをさまざまな機器とあわせてご使用いただけます。

  • Micro USB 入力

    USBポートを使用してMicro USB対応のSparkやPhantom 4シリーズやInspireシリーズと接続し、追尾機能やヘッドトラッキングにアクセスできます。[1] このポートはファームウェアのアップデートにも使用します。

  • microSDカード

    DJI Gogglesに搭載されたSDカードに、ファイルを機体からバックアップ用にダウンロードします。または、撮影済みの動画ファイルを確認します。[6]

  • HDMI入力

    Phantom 4 シリーズやInspire シリーズからのカメラ映像を確認したり、ビデオ機器に接続して映像を見たり、さらに、ゲームを楽しむこともできます。[1]

  • オーディオ

    HDMIケーブルを使って再生されている動画の音声は、ヘッドホンをヘッドホンジャックに接続して聞くか、内蔵スピーカーを使用して聞くことができます。

[1] DJI Gogglesは、Mavic Pro、Spark、Phantom 4 シリーズ、Inspire シリーズに対応しています。一部の機能はその他DJI製品にも採用する予定です。

[2] 1080p/30fps:干渉がない近距離範囲の場合。720p/30fps:長距離範囲または干渉がある場合。スムーズモード:720p/60fps。

[3] Mavic Proを使用して、ワイヤレスで720p/60のストリーミング配信を行い、720p/120fpsで動画を収録可能。

[4] ゴーグル2台、送信機2台を使用したMavic Proの場合のみ。

[5] ゴーグル装着時はスポッターが必要です。機体をスポッターの視認範囲外で飛ばさないでください。

[6] DJI Gogglesは、DJIのドローンからダウンロードされるコンテンツのみ再生可能です。

buy dji goggles

SEE A DIFFERENT WORLD