日本における無人航空機の飛行ルール


2015年12月10日よりドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることになりました。

<無人航空機の飛行許可が必要となる空域>

右図の (A)~ (C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ国土交通大臣の許可を受け取る必要があります。

また、下記掲載の『飛行許可が必要なエリア』については、一部の地域が掲載されていない場合があります。
詳細は 国土交通省無人航空機の飛行ルールのページ をご参照ください。

出典:国土交通省HP

エリアを選択してください

このマップは選択された地域の地理情報のみを表示しています。

大量なデータのアップロードには時間がかかるため、拡大すると飛行可能施設などの情報がすべて確認できない場合があります。

※各自治体の条例などで飛行エリアに制限がある場合があります。