Matrice 600

Matrice 600(M600)はプロフェッショナル空撮や産業用途向けに開発されたDJIの新しい空撮プラットフォームです。M600はDJIの新技術を採用。A3フライトコントローラー、Lightbridge 2映像伝送装置、インテリジェントバッテリー、バッテリーマネージメントシステムを使うことで容易かつ迅速なセットアップで最高のパフォーマンスを発揮します。

Matrice 600

RONIN-MX紹介ビデオ

完全なシステム統合

M600はモジュール構造を採用しており、簡単にセットアップすることができます。さらに、防塵型モーターシステムによりメンテナンスが容易になり、強化された冷却システムが長時間の安定飛行を実現します。M600はZenmuseカメラやジンバルと互換性があり、最大ペイロードは6kg。 これによりRonin-MXとマイクロフォーサーズからRED Epicまで多様なカメラが搭載可能です。

A3 & LIGHTBRIDGE 2 INSIDE 内部
GPS-COMPASS PRO
E2000 PRO
RETRACTABLE LANDING GEAR
インテリジェントフライトバッテリー
A3 & LIGHTBRIDGE 2 INSIDE 内部
能動的冷却モーター
多種多様なカメラ対応
Matrice 600

RONIN-MX + RED EPIC

Matrice 600

RONIN-MX+HASSELBLAD A5D

Matrice 600

ZENMUSE Z15-GH4

Matrice 600

ZENMUSE Z15-A7

Matrice 600

ZENMUSE X5R

Matrice 600

ZENMUSE XT

スマートフライトセーフティ

M600は、正弦波を使用したインテリジェントESC(速度制御コントローラー)を搭載し、正確性、安全性、効率性が向上しました。また、A3のフライトシステムは搭載重量に応じて自動的にフライトパラメーターを調整します。A3は2組のGNSS(衛星測位システム)とIMU(慣性計測装置)の追加キットによりA3 Proにアップグレードすることも可能で、D-RTK GNSSを使用すれば、さらなる飛行精度の向上も実現します。

*A3 Pro と D-RTK GNSS は別売りです。

A3 Pro

A3 Proは3重のモジュール冗長性を備え、診断アルゴリズムによりリアルタイムで3つのセンサーのデータを比較し、M600の飛行安定性を高めます。

D-RTK GNSS

A3 GNSSシステムはアップグレードにより飛行誤差を数センチレベルまで高めることが可能です。2本のアンテナを使うことで、機首方位の表示はコンパスセンサーより正確で、金属の構造物からの磁気干渉が起きているような状況下でも適切に位置情報を取得しながら安定した飛行を実現します。

フライトタイムと伝送距離の向上

M600の飛行時間は従来モデルより向上しており、モニタリングや収録用に最大3.5kmのほぼ遅延のないHD映像の伝送を可能にします。M600は、6つの小型DJIインテリジェントバッテリーを使用することで輸送や携行を容易にしています。カスタマイズ可能なバッテリーマネージメントシステムと給電システムにより、ボタン1つで6つのバッテリーを起動することができます。また1つのバッテリーに異常が発生した場合も飛行が可能で、飛行中はリアルタイムでバッテリーステータスを確認できます。

飛行時間の延長

TB47Sバッテリー使用時TB48Sバッテリー使用時

伝送距離

*日本仕様は3.5kmです(最大伝送距離は電波干渉のない、開けた場所で測定しています)伝送距離は周囲の状況により変化します。

プロ仕様のHD映像伝送

DJI Lightbridge2は、テレビ放送にも対応できるよう設計されており、高いフレームレートでの映像出力やHDでのライブストリーミングが可能です。USB、mini-HDMI、3G-SDIポートにより1080p/60pの出力に加え、テレビ中継仕様の720p/59.94fpsや1080i/50fpsの出力にも対応しています。

パワフルなアプリ

M600は、DJI GOとDJI Assistant 2をサポート。HDライブビュー、バッテリーステータス、冗長化ステータス、映像伝送ステータスなどをDJI GOから確認できます。またDJI GOによりZenmuse Xシリーズのシャッタースピード、ISO、写真・動画撮影ボタンなどを操作可能で、X5/X5Rカメラのリモートフォーカスや絞りの調整にも対応しています。DJI Assistant 2はファームアップや新開発のグランドステーションに対応しており、フライトシミュレーターが内蔵されています。

オープンな開発環境

M600は、DJIオンボードSDK(ソフトウェア開発キット)やモバイルSDKと互換性があり、産業用途でのソフト開発に対応しています。デュアルのCANとAPIポートを搭載しているため、DJI製のRTK GNSSユニットやサードパーティー製のセンサーを搭載可能です。

DJI 開発者についてはこちら