機体

離陸重量430 g
サイズたたんだ状態:
168×83×49 mm (L×W×H)
たたんでいない状態:
168×184×64 mm (L×W×H)
対角寸法213 mm
最大上昇速度4 m/s (Sモード[1])
2 m/s (Pモード)
2 m/s (Wi-Fiモード)
最大下降速度3 m/s (Sモード[1])
1.5 m/s (Pモード)
1 m/s (Wi-Fiモード)
最大速度(海抜に近接、無風)68.4 km/h (Sモード[1])
28.8 km/h (Pモード)
28.8 km/h (Wi-Fiモード)
運用限界高度 (海抜)5000 m
最大飛行時間(無風)21分 (25 km/hの一定速度で飛行時)
最大ホバリング時間(無風)20分
最大飛行距離 (無風)10 km
最大風圧抵抗29~38 km/h
最大傾斜角35° (Sモード[1])
15° (Pモード)
最大角速度250°/s (Sモード[1])
250°/s (Pモード)
動作環境温度0℃~40℃
動作周波数2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz
伝送電力(EIRP)2.400~2.4835 GHz
FCC:≤28 dBm
CE:≤19 dBm
SRRC:≤19 dBm
MIC(日本):≤19 dBm

5.725~5.850 GHz
FCC:≤31 dBm
CE:≤14 dBm
SRRC:≤27 dBm
GNSSGPS + GLONASS
ホバリング精度範囲垂直:
±0.1 m (ビジョンポジショニングあり)
±0.5 m (GPSポジショニングあり)

水平:
±0.3 m (ビジョンポジショニングあり)
±1.5 m (GPSポジショニングあり)
内部ストレージ8 GB

検知システム

フォワード精度測定範囲:0.5~12 m
検知可能範囲:0.5~24 m
有効検知速度:8 m/s以下
視野 (FOV):水平50° 、垂直±19°
後方精度測定範囲:0.5~10 m
検知可能範囲:0.5~20 m
有効検知速度:8 m/s以下
視野 (FOV):水平50° 、垂直±19°
下方高度範囲: 0.1~8 m
動作範囲: 0.5~30 m
動作環境前方:
地表の模様が明瞭で適切な明るさ(15ルクス超)

後方:
地表の模様が明瞭で適切な明るさ(15ルクス超)

下方:
地表の模様が明瞭で適切な明るさ(15ルクス超)および拡散反射表面(20%超)を検知

送信機

動作周波数2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz
※日本国内では2.400~2.4835 GHzのみ利用可
最大伝送距離(障害物や電波干渉がない場合)2.400~2.4835 GHz
FCC:4000 m
CE:2000 m
SRRC:2000 m
MIC(日本):2000 m

5.725~5.850 GHz:
FCC:4000 m
CE:500 m
SRRC:2500 m
動作環境温度0℃~40℃
伝送電力(EIRP)2.400~2.4835 GHz:
FCC:≤26 dBm
CE:≤18 dBm
SRRC:≤18 dBm
MIC(日本):≤18 dBm

5.725~5.850 GHz:
FCC:≤30 dBm
CE: ≤14 dBm
SRRC:≤26 dBm 
バッテリー2970 mAh
動作電流/電圧1400 mA ⎓ 3.7 V (Android)
750 mA ⎓ 3.7 V (iOS)
対応モバイル端末サイズ最大長:160 mm
対応厚さ:6.5~8.5 mm
対応するUSBポートタイプLightning、Micro USB(Type-B)、USB-C

充電器

入力100~240 V、50/60 Hz、1.4 A
出力メイン:13.2 V ⎓ 3.79 A
USB:5 V ⎓ 2 A
電圧13.2 V
定格出力50 W

アプリ

映像伝送システム拡張Wi-Fi
名称DJI GO 4
ライブビュー品質送信機
720p@30fps
スマートデバイス:
720p@30fps
DJI Goggles:
720p@30fps
遅延(環境条件およびモバイル端末による)170~240 ms
OS要件iOS 9.0以降
Android 4.4以降

脚注

脚注[1] 送信機が必要です。
これらの仕様は、最新版のファームウェアで試験されています。ファームウェアの更新で性能が向上します。そのため、ファームウェアを最新版に更新することを強くお勧めします。

ジンバル

機械的な可動範囲チルト: -100°~22°
ロール:-30°~30°
パン:-12°~12°
操作可能範囲チルト:-90~0°(デフォルト値)-90~+17°(延長時)
スタビライズ機構3軸(チルト、ロール、パン)
最大コントロール速度 (チルト)120°/s
ぶれ範囲角度±0.005°

カメラ

センサー1/2.3インチCMOS
有効画素数:12 MP
レンズFOV:85°
35 mm判換算:24 mm
絞り:f/2.8
撮影範囲:0.5 m~ ∞
ISOレンジ動画:
100~1600 (オート)
100~1600 (マニュアル)

写真:
100~1600 (オート)
100~3200 (マニュアル)
シャッター速度電子シャッター:8~1/8000秒
静止画サイズ4:3、4056×3040
16:9、4056×2280
静止画撮影モードシングルショット
HDR
バーストショット:3/5/7枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル:2/3/5/7/10/15/20/30/60 秒
動画解像度4K Ultra HD:3840×2160 24/25/30p
2.7K:2720×1530 24/25/30/48/50/60p
FHD:1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
HD:1280×720 24/25/30/48/50/60/120p
最大ビデオビットレート100 Mbps
対応ファイルシステムFAT32
写真フォーマットJPEG / DNG(RAW)
動画フォーマットMP4/MOV (H.264/MPEG-4 AVC)

モバイル端末 コントロール

動作周波数2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz
※日本国内では2.400~2.4835 GHzのみ利用可
最大伝送距離(障害物や電波干渉がない場合)距離: 80 m
高さ: 50 m

インテリジェント・フライトバッテリー

容量2375 mAh
電圧11.55 V
最大充電電圧13.2 V
バッテリータイプLiPo 3S
電力量27.43 Wh
正味重量140 g
充電温度範囲5℃~40℃
最大充電電力60 W

対応SDカード

対応SDカードmicroSD
クラス10またはUHS-1規格が必要
推奨microSDカード16G
Sandisk Extreme
Kingston 16GB SDHC-I SDCAC/16GB
32G
Sandisk Extreme V30
Sandisk Extreme V30 A1
Sandisk Extreme V30 Pro A1
64G
Sandisk Extreme V30 A1
Sandisk Extreme Pro V30 A1
128G
Sandisk Extreme V30 A1
Sandisk Extreme Plus V30 A1

文書 & マニュアル

  • Mavic Air リリースノート(英語版)
    2018-01-27
  • Mavic Air クィックスタートガイド v1.2(日本語版)
    2018-02-13
  • Mavic Air 免責事項と安全に関するガイドライン v1.0(日本語版)
    2018-01-29
  • Mavic Air インテリジェントフライトバッテリー安全ガイドライン v1.0(日本語版)
    2018-01-29
  • Mavic Air 同梱物(日本語版)
    2018-01-29
  • Mavic Air Fly More Combo 同梱物(日本語版)
    2018-01-29

APP / LIVE VIEW

    iOS Version v4.2.4.
    Requires iOS 9.0 or later. Compatible with iPhone 5s, iPhone SE, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPad Air, iPad Air Wi-Fi + Cellular, iPad mini 2, iPad mini 2 Wi-Fi + Cellular, iPad Air 2, iPad Air 2 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 3, iPad mini 3 Wi-Fi + Cellular, iPad mini 4 and iPad mini 4 Wi-Fi + Cellular, iPod touch (6th generation). This app is optimized for iPhone 7, iPhone 7 Plus.
    Android Version v4.2.6.
    Android version 4.4.0 or later. Compatible with Samsung S8 ,Samsung S7 edge, Samsung S7, Samsung S6, Samsung S5, Samsung NOTE4, Samsung NOTE3, Samsung tabs 705c, Ascend Mate 9, Ascend Mate 7, Huawei Honor 8, Huawei P8 Max, Vivo X7, Xiaomi 5, Google Nexus 6p, Nexus 9, Google Nexus 7 II, LG V20.

    *その他のデバイスについては試験及び開発中のため、今後ご利用いただける予定です。

ソフトウェア

  • DJI Assistant 2 リリースノート(英語版)
    2018-02-07
  • DJI Assistant 2 v1.2.2
    2018-02-07
  • DJI Assistant 2 v1.2.2
    2018-02-07
製品
Mavic Airの飛行方法は3種類あります。専用の送信機、スマートフォン、あるいはそれらの両方を使用できます。 さらに、Mavic AirをスマートフォンのDJI GO 4から飛行させる方法もあります。
Mavic Airをお使いのモバイル端末に接続し、DJI GO 4の指示に従ってアクティベーションを完了させてください。
いいえ。

SDカード空き容量 クラス/UHS
16 GB Sandisk Extreme;
Kingston SDHC-I SDCAC/16GB
32 GB Sandisk Extreme V30;
Sandisk Extreme V30 A1;
Sandisk Extreme V30 Pro A1
64 GB Sandisk Extreme V30 A1;
Sandisk Extreme Pro V30 A1
128 GB Sandisk Extreme V30 A1;Sandisk Extreme Plus V30 A1
送信機
はい。送信機の底部にあるUSBポートを使用して、スマートフォンと送信機を標準USBケーブルで接続できますが、操作時に違和感を感じる場合があります。お客様のニーズにあわせた様々なタイプのケーブルが、機体に付属しています。
安全上の理由から、すべてのMavic Airには固有のWi-Fi名とパスワードが付与されています。固有のWi-Fi名とパスワードは、機体本体の側面/バッテリー部/キャリーケースで確認できます。(iOSシステムの場合、iOS v9.0以降が必要です。)
初めてMavic Airを使用する際は、DJI GO 4でQRコードをスキャンし、機体のWi-Fiにスマートフォンを接続してください。Wi-Fi名とパスワードは手動で入力することもできます。
最初に、Wi-Fiを使ってスマートフォンを機体に接続します。次に、DJI GO 4アプリを開き、Wi-Fi名とパスワードを[接続ヘルプメニュー]で変更します。Wi-Fi名とパスワードは、パソコン上でDJI Assistant 2を使っても変更することができます。
いいえ。機体のWi-Fiに接続するため、DJI GO 4を使用してQRコードのスキャンのみを行えます。
推進力
その必要はありません。
Mavic Airのプロペラは、折りたたみ式ではありませんが、よりスリム化されています。そのため、Mavic Airを折りたたんだ際には、さらに小型になり、持ち運びも便利です。
Mavic Airの耐風性は最大10 m/sです。
5,000 mです。
機能
制御範囲は2~6 mです。
Mavic Airは以下のパノラマモードに対応しています。

垂直: カメラは自動で3枚の垂直方向の写真を撮影し、1枚のパノラマにします。

水平:カメラは自動で9枚の写真を異なるアングルで撮影し、それらを合成し1枚のパノラマにします。

180°:Mavic Airの機体とジンバルは自動で回転し、21枚の写真を撮影します。そしてそれらの写真をDJI GO 4で合成し、素晴らしい180°パノラマにします。

スフィア: Mavic Airの機体とジンバルは自動で回転し、25枚の写真を撮影し、それらを合成し、素晴らしいスフィアパノラマにします。
スマートキャプチャーでは、Mavic Airがユーザーの3 m以内にある場合、目線の高さでとどまります。これは、安全な飛行と正確な操作を確実にするためです。機体が3 m以上離れた場合、ジェスチャーで目線よりも高く/低く飛ばせます。
バッテリー
はい。
このアダプターをバッテリーに取り付けると、モバイルパワーバンクとして使用できます。
電源ボタンでバッテリーのオン/オフができます。電源ボタンを1回押し、もう1回長押し(最低2秒間)すると、バッテリーがオン/オフされます。

電源ボタンでバッテリー残量を確認することもできます。バッテリー残量を確認するには、電源ボタンを1回押し、LEDライトが何個点滅するか確認してください。
標準の充電器または充電ハブを使用した場合、完全に充電するには55分かかります。
少なくとも、3か月に1回はバッテリーを完全充電することを推奨します。
ファームウェア更新
できません。別のアプリを使用した場合、更新に失敗します。再度ファームウェアのダウンロードおよび更新が必要になります。
更新が完了する前に、Mavic Airは再起動する必要があります。再起動したら、お使いのモバイル端末をMavic AirのWi-Fiに再接続してください。DJI GO 4は、更新が正しく行われるために確認をしています。
はい。
Mavic AirをDJI GO 4に接続すると、バージョンを一致させるため、アプリが適切な更新をお知らせします。
a. バッテリー残量が不足しています。バッテリー残量が50%以上あることをご確認ください。
b. 更新の最中に、Mavic Airまたは送信機の電源をオフにした。この場合、Mavic Air/送信機を再起動し、再度更新してください。
c. ファームウェアのダウンロード中にインターネット接続が切断した。
d. アップグレードの失敗が続く、または送信機が機体とリンクしない場合、デバイス間のファームウェアのバージョンが一致していない可能性があります。この場合、パソコンからDJI Assistant 2を使用して、機体と送信機を別々に最新のバージョンに更新してください。
映像伝送
送信機に接続した場合:

2.4GHz

FCC: 4000 m、CE: 2000 m、SRRC: 2000 m、MIC: 2000 m(障害物、電波干渉がない場合。)

5.8GHz

FCC: 4000 m、CE: 500 m、SRRC: 2500 m(障害物、電波干渉がない場合。)

モバイル端末に接続した場合:

最大高度:50 m

最大距離: 80 m
720p / 30 fpsです。
お使いのモバイル端末への動画伝送の遅延時間は170~240 msです。これは、お使いのモバイル端末の性能および信号干渉に依存します。
初期設定では、DJI GO 4は自動で周波数帯を選択しますが、ユーザーは実際の必要性に応じて2.4GHzまたは5.8GHzのどちらかを選択できます。(日本では手動調整には対応してません。2.4GHzのみ利用可能です。)