DJI、AirWorksで商用ドローン業界向けの革新的なツールと技術を発表 日々の業務におけるDJIドローンの果たす役割に変革をもたらす新しい農業ドローンと災害救助プログラム

プレスリリース2019-09-25

DJI、AirWorksで商用ドローン業界向けの革新的なツールと技術を発表

日々の業務におけるDJIドローンの果たす役割に変革をもたらす新しい農業ドローンと災害救助プログラム

 

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJI は、米国ロサンゼルスで 9 月 24 日から開催している DJI 年次カンファレンス「 AirWorks 2019 」で、企業や政府機関がドローン技術を日常業務に取り入れることのできる技術やツールを新たに発表しました。

Corteva Agriscience、DroneDeploy、FLIR Systems、ロサンゼルス消防局、Marathon Petroleum、Microsoft などの AirWorks に参加した DJI の顧客やパートナー企業は、農業からエネルギー産業といった様々な業界で、ドローン技術 が生産性をどのように変えてきたか紹介しています。また、世界中の専門家が信頼する DJI のドローン 技術を使って、人命救助に活かす方法なども紹介しました 。

カンファレンスのオープニングを飾る 基調講演では、DJI の上級役員が、様々な日常業務に適用できるドローン技術の主なアップデートを以下のとおり発表しました。

  • P4 Multispectral -  世界初の完全統合型マルチスペクトルイメージングドローン。農業の次世代を強力にリードし、効率的で環境に配慮した土地管理を実現
  • Agras T16 - 肥料や農薬などの液体を、圃場の農作物や果樹園に簡単かつ正確に噴霧することができる DJIの最新農薬散布ドローンをグローバル で販売開始
  • DJIの災害救助プログラム - 山火事、ハリケーンや台風、洪水、竜巻、地震などの自然災害対応や復旧作業で、初動対応する警察や消防向けにDJI のドローン技術とサポートを迅速に提供するための新しい取り組み

 

「DJI は、昨年エンタープライズ向けドローン技術の提供に注力してきました。その結果、アメリカの最も洗練された企業や政府機関の一部は、ドローン技術を日常業務に安全かつ確実な方法で配備できるようになりました。今年は、実用的なドローンを農業従事者や農学者、土地管理者に紹介し、より効率的で環境に優しい方法を用いた土地管理の実現を目指しました。また、緊急対応にあたる要員が、業界最高のツールに確実にアクセスをできるようにして、自然災害時に迅速に対応し、命を救うために必要な支援を提供できるようにします」と、DJI バイスプレジデント兼アメリカ地域担当マネージャー Mario Rebello は述べています。

産業イノベーションを展示
ドローン技術は、世界中の企業や組織の時間と予算を節約し、労働者の安全性向上に役立っています。業界をリードするDJIのパートナーとユーザーによって、それぞれの業界でドローン技術を統合、革新するための独自のアプローチが紹介されました。

  • FLIR Systemsは、DJI Matrice 210専用に開発された業界初のマルチガス検出器、MUVE C360を導入しました。このMUVE C360は、まったく新しいレベルの安全性を実現し、作業開始までの時間を劇的に短縮。一刻を争う状況下でより完全な判断基準を提供します。
  • Microsoftは、企業や組織がAzure IoT EdgeやAzure Cloudなどのテクノロジーを使用してDJIドローンフリートの安全な展開を合理化する方法を展開しました。さらに、DJI Manifold 2は、Azure IOT Edgeの認定を受け、企業がAIワークフローをエッジ上のデバイスに展開する方法を簡素化しています。
  • Corteva AgriscienceDroneDeployは、世界中の農業業界で最大規模のドローン配備の1つである約500台のドローンフリートを調整および管理する事例を共有しました。
  • ロサンゼルス消防局は、米国内でも屈指の公共安全機関の1つで、様々な状況下の緊急時や有事の際の対策用ツールとして、ドローン技術を活用する方法を紹介しました。紹介事例には、山火事対応時のホットスポット特定や空撮マッピング、迅速な水難救助、危険物処理のオペレーション、都市部の調査や救助活動のための緊急対応などがあります。
  • American Petroleum InstituteMarathon Petroleumは、石油およびガス産業におけるドローン技術の活用に関するベストプラクティスと、業界標準を定義する取り組みを発表。また、水路やフレアスタックの点検でドローンを使用することにより、作業員の安全性がいかに向上したかという報告も紹介しました。

 

ドローン開発を推進する新しいツール
DJIは、プロフェッショナルドローンユーザーへのサポートに加え、DJI X-Portの導入により、今までにないドローン技術を開発する担当者に、新しいツールを提供しています。DJI Matrice 200 V2シリーズドローン向けの新しいジンバルアタッチメントであるX-Portにより、ドローンのハードウェア開発者は、マルチスペクトルカメラやLiDARセンサーといった独自のカスタムセンサーを迅速に統合できます。X-Portは、通信APIを内蔵し、DJI SkyPortを統合、ジンバルデバッグ用のインターフェイスを備え、開発者は自分たちの開発した革新的なセンサーを市場に迅速に投入できるようにすることで、開発の開始から完了までの時間を最大40%短縮します。

ドローン技術への投資に対する延長保護プラン
DJIは、Enterprise Shield Renewサービスプランも新たに発表しました。衝突や水の浸入、もしくは、信号干渉による偶発的な損傷を保証するEnterprise ShieldによるDJI エンタープライズ製品への包括的な保護を延長します。

  • Enterprise Shield Basic Renewでは、製品の損傷が1年以内に発生した場合、割引価格で1製品の交換を提供します。製品の公式保証期間は、少なくとも12ヵ月延長されます。(保証延長は、オーストラリア、カナダ、中国、米国のみとなります)
  • Enterprise Shield Plus Renewでは、1年以内に製品の損傷が発生した場合、無制限の交換または無償修理サービスを提供します。

 

AirWorksは、参加者と意見を交換し、ドローン技術の最新開発事例について学ぶことができるだけでなく、業界の将来の発展を導くための最高の場所です。この3日間のカンファレンスでは、農業、建設、エネルギー、インフラ、公共安全や人命救助といったさまざまな分野でドローンを使用しているユーザーが一同に集まります。業界固有のセッションに加えて、参加者は、現在および将来の業界動向とドローン規制に特化した活発なパネルディスカッションで、ドローン業界の著名なリーダーから話を聞くことができます。AirWorksのプログラムは、www.airworks2019.comでご確認ください。

DJIについて
民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

 

お問い合わせ先:
DJI JAPAN 株式会社 柿野朋子
Mail: tomoko.kakino@dji.com

 

www.dji.com/jp | facebook.com/dji.jp | twitter.com/djijapan | youtube.com/DJIJapan | instagram.com/dji_japan | www.linkedin.com/company/dji
© 2019 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。