EdgyBee社、DJIのドローンに対応した初の拡張現実 (AR)ゲームを発表

プレスリリース2017-05-02

[2017年5月2日(中国時間)に、DJIより発表されたプレスリリースの翻訳版です。]

EdgyBee社、DJIのドローンに対応した初の拡張現実 (AR)ゲームを発表
楽しみながらドローンの操縦スキルを学べる体験型アプリ

拡張現実(AR)技術を提供するEdgyBees社は、DJIの「PHANTOM 3 PRO」、「PHANTOM 4」シリーズと「MAVIC PRO」に対応した、ドローンの操縦方法を学べるARモバイルアプリ「Drone Prix」を発表しました。DJIのソフトウエア開発キット(SDK)を使用して開発されたDrone Prixは、DJIの空撮プラットフォーム専用となる初めてのARアプリで、特に操縦経験の少ないユーザーへ、安全に楽しみながら操縦スキルを学ぶことができます。

アプリ内のゲームでは、ARで作られた仮想の障害物コース上でドローンを飛行させ、障害物を回避しながらポイントを集めます。ユーザーは、世界中からゲームに参加しているパイロットたちと、ベストパフォーマンス、ベストポイント、ベストタイムを競うことができます。

「このアイディアを最初に思いついた時、ドローン飛行の楽しさとゲームの興奮する要素を組み合わせたいと思いました。Drone Prix ARアプリは、そのようなワクワクできる体験を提供する初めてのARソーシャルゲームです。フライトシミュレーターとは対照的に、Drone Prix ARは、実際に必要とされる操縦技術を活用し、仮想の障害物を回避するなど、さらに一歩踏み込んだ体験を提供します。DJIのモバイルSDKを活用すると、アイデアをあっという間に現実のものにできます。ドローンの操縦体験を、このアプリがどんなふうに変えていくのか、想像するだけで本当にワクワクします」とEdgyBees社のCTO兼創業者であるMenashe Haskin氏は述べています。

Drone Prixアプリの主な機能:

•ソロ&コンペティションモード(Solo and Competition Modes):
自分の前回タイムと競うタイムアタックレースや、世界中からゲームに参加しているユーザーとランキング上で競うレースを選択できます

•フライトアシスタント(Flight Assistant):
トラックガイドのナビゲーションで、障害物の周りにあるコインやポイントを集めながら操縦します

•多彩なコース(Multiple Courses ):
初心者向けから熟練者向けまで、30を超える障害物コースから選択できます

•SNS共有(Social Engagement):
ユーザーは自分のユーザーIDをFacebookアカウントと連携し、高得点のトップパイロットとして共有できます

「DJI GO 4」アプリと同様に、Drone Prixはユーザーのスマートフォンやタブレットにダウンロードし活用するアプリです。ドローン、送信機とスマートデバイスの電源を入れアプリを立ち上げ、全ての機体が接続された後、ユーザーはドローンのカメラビューをアプリ画面で確認できます。その後、コースを選択して飛行を楽しめます。

「DJIは、スタートアップや開発者コミュニティに対して、アプリケーションの新しい利用法だけでなく、新規のビジネス機会を提供します。Drone Prixのアプリは、DJIのSDKがクリエイティブな可能性の扉を開く、数多くの素晴らしいアイデアの一つであることを証明しています。そして、ワクワクするような新しいカスタムアプリを構築するための開発者の能力を、より高めてくれます」とDJIのブランドマネージメントディレクター、Taehyun Moonは述べています。

Drone Prixアプリは AppleのApp StoreおよびGoogle Play Storeからダウンロード可能です。(※アプリは英語版のみの提供です)

アプリの写真は下記よりダウンロードください。
https://www.dropbox.com/sh/vv2hmft24vqpczp/AAASfmJUoKdM2H70ExIu0i24a?dl=0

EdgyBeesについて

EdgyBees Ltd.は世界初の拡張現実(AR)ドローン技術専門企業です。EdgyBeesは、世界中のドローンパイロットに最高のゲーム体験を提供することで、ドローンを所有する楽しさや魅力を提案します。EdgyBeesの本社所在地はイスラエルで、ヨーロッパと米国に拠点を置いています。

EdgyBeesについて: https://www.edgybees.com 

DJIについて 

DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモートで操縦できるヘリコプターに情熱を傾けるスタッフにより創業、運営されており、飛行制御技術と手ぶれ補正の分野におけるエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。営業拠点は北アメリカ、ヨーロッパ、アジアまで拡大しており、 世界100ヵ国のユーザーが、映画、広告、建設、消防、農業、その他多くの産業分野においてDJI の商品を愛用しています。 

DJIホームページ:http://www.dji.com/jp
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/ 

お問い合わせ先:
DJI JAPAN株式会社 マーケティング 加藤吾朗
Email:goro.kato@dji.com