自民党議員がDJI本社を訪問。

プレスリリース2016-08-25

自民党議員がDJI本社を訪問、日本のドローン産業の発展と推進について意見交換を行いました。

DJIは、2016年8月24日に、自由民主党 IT戦略特命委員長 衆議院議員 平井たくや氏、衆議院議員 平 将明氏、衆議院議員 福田 峰之氏 ご一行8名様を深センのDJI本社にお迎えしました。

DJIの沿革とグローバル市場のDJIシェアについてご説明するとともに、DJIが実施している安全施策(ジオフェンス機能、飛行禁止エリアなど)についてもお話しさせていただきました。また、撮影分野だけでなく、ドローンが農業や産業分野で幅広く活用できることや、申請から許可まで時間がかかっている日本の飛行許可申請が、産業利用の障害になっている現状についても意見交換をさせていただきました。平井たくや委員長からもどのような規制ルールが最も良いか、DJIからも提案してほしいというご要望を頂戴しました。

また実際にPhantom 4、Inspire 1の飛行を体験いただき、DJIドローンの安定性と性能を体感いただきました。

DJIは全社を挙げて、このようなドローン啓発の機会を設け、日本のドローン産業の発展と推進に一層貢献していきたいと思います。