DJI、MAVIC PRO向けの新アクセサリーを発表

プレスリリース2017-02-10

 [2017年2月8日(米国時間)、DJIより発表されたプレスリリースの翻訳版です。] 

DJI、MAVIC PRO向けの新アクセサリーを発表 
安全性を高め、より快適な飛行体験を実現

無人航空機(UAV)技術で世界をリードするDJIは、折りたたみ式のコンパクトドローン「MAVIC PRO」向けに、飛行の安全性を高め、より快適で安全な飛行体験を実現する新しいアクセサリー類を発表しました。 

「プロペラガード」と「プロペラケージ」の2製品は、Mavic Proのプロペラを保護し、飛行中の安全性と保護性能を強化します。プロペラガードはプロペラ周囲を保護し、プロペラケージはMavic Proのアーム部分に装着し、プロペラを保護します。プロペラケージを装着する際は、通常のプロペラよりも小さいサイズの「7728 クイックリリース折りたたみプロペラ」の装着が必要です。 


Mavic - プロペラガード

プロペラケージは、飛行技術を習得したい初心者に最適なアクセサリーです。プロペラーケージを装着した際の最大飛行時間は約12分です。また、飛行精度の向上とスティックのコントロール性能を上げるため、トライポットモードで飛行することを推奨します。プロペラガードとプロペラケージはプロペラを保護するためのアクセサリーで、特に狭いスペースや障害物に近接して飛行する場合に有効です。 


Mavic - プロペラケージ

Mavic Pro用の新しい「バッテリー充電ハブ(高機能版)」は、最大4個のインテリジェント・フライト・バッテリーを一度に充電できる、高機能で効率性の高い充電バッテリーです。インテリジェント・フライト・バッテリーはバッテリー残量の多いものから少ないものへ順次充電します。Phantom 4シリーズの100W充電器にも対応し、充電時間をより短縮することができます。 


Mavic - バッテリー充電ハブ(高機能版)

新しい「機体スリーブ」は、Mavic Proを持ち運ぶ時や保管する際に活用します。機体スリーブはMavic Pro専用にデザインされ、インナーに柔らかい素材を採用することで、機体の損傷リスクを軽減し、保管時には汚れや埃から機体を守ります。 

また、屋外環境でドローン飛行を楽しみたいユーザーを対象に、送信機の「送信機モニターフード」も新たに提供します。モニターフードを装着することで、直射日光下の撮影時にも、送信機画面がより見え易くなります。また、カメラジンバルに簡単に取り付けることのできる「NDフィルターセット」を活用することで、カメラの絞り、露出、センサー感度をより自由に設定することが可能になります。 

Mavic Proのアクセサリーの新製品についての詳細情報は、以下をご覧ください。
https://store.dji.com/category/mavic-accessories 

製品名および価格は下記をご参照ください。(価格は全て税込) 

高解像度写真は以下よりダウンロードできます。
https://www.dropbox.com/sh/pr3hku91c321tsj/AAB-IYJypC-8AdtacK9HlaTva?dl=0 

DJIについて 

DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモートで操縦できるヘリコプターに情熱を傾けるスタッフにより創業、運営されており、飛行制御技術と手ぶれ補正の分野におけるエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。営業拠点は北アメリカ、ヨーロッパ、アジアまで拡大しており、 世界100ヵ国のユーザーが、映画、広告、建設、消防、農業、その他多くの産業分野においてDJI の商品を愛用しています。 

DJIホームページ:https://www.dji.com/jp
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/ 

お問い合わせ先:
DJI JAPAN株式会社 マーケティング 加藤吾朗
Email:goro.kato@dji.com