DJIとMicrosoft、ドローンの企業向け活用に関するパートナーシップを発表

プレスリリース2018-05-08

DJIとMicrosoft、ドローンの企業向け活用に関するパートナーシップを発表

WindowsとAzure IoT Edge向けの新しいSDKで、ドローン向けのリアルタイムAIおよびマシンラーニングが実現

 

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIは、米Microsoft社とAIおよびマシンラーニングにおける先進的な技術をDJIのドローンに活用する戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。本パートナーシップにより、産業用ドローンとエッジクラウドコンピューティングのテクノロジーをビジネスに活用していきます。

 

本パートナーシップを受け、DJIはソフトウェア開発キット(SDK)を世界最大の企業向け開発者コミュニティーであるWindows向けにリリースします。Windows 10 PC向けのアプリを使用することで、DJIのドローンは、さまざまな産業向けに、飛行管理やリアルタイムデータ伝送機能の搭載などのカスタマイズや制御が可能になります。これにより、世界中のおよそ7億人のWindows 10ユーザーがドローンのテクノロジーを活用できます。

 

また、DJIは、MicrosoftのクラウドサービスであるMicrosoft Azureを導入します。業界最高水準を誇るAzureのAI技術とマシンラーニング性能を活用することで、膨大な数の空撮写真や動画データを実用的なインサイトへと変換し、世界中のさまざまなビジネスに提供します。

 

「ユビキタス時代を迎え、インテリジェントエッジは次世代の最先端技術として台頭しています。DJIは、産業用ドローンのリーディングカンパニーであり、Microsoft Azureは産業ビジネス向けの推奨クラウドです。DJIとMicrosoft Azureのパートナーシップにより、インテリジェントクラウドとAzure IoTの性能がEdge上のデバイスにもたらされ、農業、公共安全分野や建設業など、さまざまな産業や業界を変革するでしょう」とMicrosoftのクラウド&エンタープライズグループのEVPであるScott Guthrie氏は述べています。

 

DJIの新しいWindows向けSDKで、開発者は、Windowsのネイティブアプリを構築することが可能になり、自律飛行やリアルタイムのデータ配信を含めたDJIドローンの遠隔操作が実現します。Windowsの開発者コミュニティーは、SDKを使い、マルチスペクトルセンサーやカスタムアクチュエーターのようなロボット構成部品などのサードパーティ製のペイロードの統合と管理を行えるようになります。また、企業によるドローン活用方法も飛躍的に増大します。

 

「私たちは、DJIの空撮プラットフォームがMicrosoftの開発者向けエコシステムに貢献できるこの貴重なパートナーシップの発表を大変嬉しく思います。DJIの新しいSDKを使用することで、Windowsの開発者は、ドローンやAI、マシンラーニング技術を採用したスマートな飛行型ロボットが開発でき、これにより、ビジネスに費やす時間やコストが削減できます。ドローンテクノロジーをビジネスのさまざまな現場で使用することが、今後の主流になるでしょう」とDJIのプレジデント、Roger Luoは述べています。

 

Windows向けSDKに加えて、MicrosoftとDJIは、農業、建設、公共安全といった主要分野でAzure IoT EdgeとAIを活用したドローンソリューションの開発においても連携します。Windowsの開発者は、Azureの大規模なクラウドとDJIのドローン、そして、クラウドに長けたAIソリューションを構築するためのIoTツールセットを使用し、現場でリアルタイムにドローンに展開することができるようになります。その結果、一ヵ所の現場から入手した調査結果やデータを素早く活用し、組織全体に迅速に適用することができます。

 

DJIとMicrosoftは、MicrosoftのFarmBeatsソリューションを使用し、精密農業の先進技術において既に協力しています。FarmBeatsでは、Azure IoT Edge上で稼働するAIモデルを使用する空中センサーと地上センサー双方からのデータを集積し、分析します。DJIのドローンと使用することで、FarmBeatsは、高度なセンサー性能を最大限活用し、熱や光、蒸気を感知できるため、可視化したデータを農作物や土壌、家畜の栽培、飼育に活用できます。Microsoft FarmBeatsは、DJIの「GS Pro(GroundStation)」とマッピングアルゴリズムを統合し、Azure IoT Edgeにリアルタイムなヒートマップを作成します。ヒートマップは、種の発芽に土壌の状態が最適になったかどうかを表示し、農業従事者の植栽戦略をサポートするなど、さまざまな方法に役立てることができます。

 

提供時期

DJIの Windows向けSDKのベータプレビューは、Microsoft Buildカンファレンスに参加中の開発者を対象に、本日より提供します。

それ以外の開発者の方へは、2018年の秋頃の提供を予定しています。

Windows 向けSDKとDJIの開発者向けソリューションについての詳細は、https://developer.dji.com/でご確認ください。(※英文のみ)

 

DJIについて

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

 

www.dji.com/jp  |  facebook.com/dji.jp  |  twitter.com/djijapan  |  youtube.com/DJIJapan  |  instagram.com/dji_japan  |  www.linkedin.com/company/dji 

© 2018 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。