DJI、PHANTOM 4 PRO V2.0を発表

プレスリリース2018-05-09

DJI、PHANTOM 4 PRO V2.0を発表

DJI OcuSync伝送、飛行中のノイズを60%軽減した最新版モデル

 

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIは、「PHANTOM」シリーズの最新モデルとなる「Phantom 4 Pro V2.0(P4P V2.0)」を発表しました。P4P V2.0は、Phantom 4 Proのパワフルな機能性をそのままに、HDでの低遅延デジタル動画伝送を実現するDJIのOcuSync HD伝送システムを搭載、また、飛行中のノイズを最大60%軽減することで、より優れた飛行体験を実現します。

 

P4P V2.0は、最大飛行時間30分、最大伝送距離4km (1)、5方向障害物検知機能、4K/60fps動画を撮影できる1インチCMOSセンサーといった、Phantom 4 Proが持つすべての機能を備えています。プロユーザーをはじめ、空撮作品をさらに高いレベルに進化させてたいすべてのユーザーに最適なP4P V2.0は、求められるすべてのニーズに応え、スムーズな操作性を提供します。

 

従来モデルと同様に、アイコニックな機体デザインを継承したP4P V2.0は、ディスプレイ一体型送信機(5.5 インチ 1080p)が付属したPhantom 4 Pro+ V2.0バージョンも併せて提供します。Pro+ V2.0の送信機は 直射日光下などの屋外環境でで飛行する際に理想的な空撮ソリューションです。

 

価格と販売時期

Phantom 4 Pro V2.0の販売価格は、204,000円(税込)、Phantom 4 Pro + V2.0は、239,000円(税込)で、DJI公式オンラインストアおよび、全国のDJI正規販売代理店にてご購入いただけます。

 

*(1) 機体に障害物、電波干渉がなく、送信機を使用している場合。飛行時は、常に適用法令や規制に従ってください。

 

 

DJIについて

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。