SkyPixelとDJI、初のショートフィルムコンテストを開催! ジンバルユーザー向けに、創造的なストーリー性を競い合う新たなコンテスト。賞金総額は48,600ドル。

プレスリリース2019-08-26

SkyPixelとDJI、初のショートフィルムコンテストを開催!

ジンバルユーザー向けに、創造的なストーリー性を競い合う新たなコンテスト。賞金総額は48,600ドル。

 

DJIと世界最大規模の空撮写真/映像コミュニティーサイトSkyPixelは、カメラ製品とジンバル製品ユーザーを対象に、なめらかで映画のようなストーリー性の高い映像作品を募集する、初のショートフィルムコンテストを今年も開催いたします。2019 SkyPixelショートフィルムコンテストは、2019年10月14日(祝・月)までエントリーを受け付けています。DJIファンからSNSユーザーやプロのビデオグラファーまで、世界中の多くのクリエイターからの作品を募集しています。

2019 SkyPixelショートフィルムコンテストは、「Big Moments Start Small」「Make Your Move」「Adventure Starts With You」の3つのストーリーテリングカテゴリーで構成されています。                                                         コンテストに参加される場合、OsmoやRoninシリーズといったDJI製品の使用を推奨しています。なおショートフィルムの応募数に制限はありません。

「Recommended Films」「Best Editing」「Best Story」「Nominated Entries」「People’s Choice Prize」そして、メインパートナーであるSanDiskとWestern Digital Corporationがスポンサーの「This Week’s Most Popular」など、合計100人の受賞者に総額48,600ドルの賞が用意されています。本年度のBest Short Videoの受賞者には、それぞれ、新製品Ronin-SC Proコンボ、Osmo Action、Western Digital社製ポータブルストレージWD 2TB My Passport Wireless SSDが贈られます。受賞作品は、SkyPixelウェブサイトやSNSプラットフォームを通して、DJIの何百万人ものファンやフォロワーにも公開されます。

「DJIは人生のどんな瞬間にも、手ブレのない安定した動画を撮影する方法を再定義しました。コンパクトなサイズと優れた携帯性、強力な映像システムを備えるOsmoシリーズとRoninシリーズで、どこにいても誰もが創造性とインスピレーションを発揮できます」とBrand and Content Partnerships ディレクターのBasile Davidは述べています。さらに、「このコンテストを通じて、より多くの人々が自分だけのストーリーをクリエイティブな方法で撮影し、それを世界へと発信してほしいと考えています」と続けました。

また、今回は日本から下記2名のクリエイターが審査員として選出されました。

・山田 智和
東京都出身、日本大学芸術学部映画学科映像コース出身。
シネマティックな演出と現代都市論をモチーフとした映像表現が特色。2013年、映像作品「47seconds」がWIRED主催WIRED CREATIVE HACK AWARD2013グランプリ、他多数受賞。

・HOWARD FURUTA
シンガポール出身、バイリンガルのフィルムクリエイター。撮影から編集までも一貫して行う。作風はダイナミックなものが多く、空撮から水中撮影まで幅広く手掛ける。

 

コンテスト開催記念キャンペーン
第一回目のSkyPixelショートフィルムコンテストの開催を祝し、DJIは、人気の4KジンバルカメラOsmo PocketとデュアルスクリーンアクションカメラOsmo Actionの特別キャンペーンを実施いたします。Osmo Pocketを購入すると、コントローラーホイールやワイヤレスモジュールなど撮影に便利なアクセサリーを同梱したOsmo Pocket拡張キットがセットになったコンボが特別価格(キャンペーン価格54,890円:通常59,100円)にてご購入いただけます。また、Osmo Actionを購入すると定額で最大2回まで製品交換を受けられるDJI CARE Refresh(Osmo Action)の1年間保証サービスを提供いたします。(キャンペーン価格44,820円:通常49,680円)                                   
この特別オファーは、DJIのオンラインストアとフラッグシップストアにて2019年9月30日(月)までご利用いただけます。 https://store.dji.com/jp/event/osmo-big-campaign?from=store_index_banner

2014年以来、SkyPixelオンラインコミュニティは、140ヵ国を超える国の1,600万人のプロ空撮写真家とコンテンツクリエーターを魅了し続け、世界で最大の空撮コミュニティになりました。                                                         過去5年間、SkyPixel には150,000件を超える作品が投稿され、素晴らしいオリジナル空撮映像作品やジンバルで撮影された様々なテーマの作品を見ることのできるプラットフォームへと成長しています。


2019 SkyPixelショートフィルムコンテストの詳細
ショートフィルムコンテストは、3つのストーリーテリングカテゴリーで構成されています。

・Big Moments Start Small: 小型・軽量化されたカメラデバイスの良さを活かしながら、映画のような最高のシーンを撮影。DJI Osmo Pocketなどの製品を使用したメイキングのシーンを10カット以上挿入。

・Make Your Move: デバイスの手ブレ補正の機能を活かしながら、動画を撮影。DJI Osmoシリーズなどの製品を使用したメイキングのシーンを10カット以上挿入。

 ・Adventure Starts With You: クリエイティブな撮影手法と視覚効果を活かし、ストーリー性あふれる短編映画を撮影。DJI Roninシリーズなどの製品を使用したメイキングのシーンを10カット以上挿入。                                        *応募作品の動画の長さは、3分以内。

 

作品提出の詳細
受付終了日時:2019年10月14日(祝・月)午後4時(日本時間)
受賞者の発表:2019年10月31日(木)

本コンテストへの応募については、 2019 SkyPixel Short Film Contestのウェブサイトにてコンテストのルールやガイドラインをご確認いただけます。                                                                                                                          その他の情報については、Skypixel.campaign@dji.comまでお問合せください。


SkyPixelについて
SkyPixelは、2014年に開設された、世界をリードする空撮写真家や空撮ビデオグラファーの集うコミュニティです。SkyPixelは、現在1,600万人を超えるユーザーが登録し、世界中のユーザーから日々数千もの空撮写真や映像がアップロードされています。優れた作品の中には、100万回を超える視聴回数を達成したものもあります。昨年開催された第4回目の空撮映像コンテストでは、2018年12月18日から募集を開始し、わずか2ヶ月の間に、140ヵ国を超える国・地域から30,000以上の作品の応募がありました。また、SkyPixelは、空撮コミュニティの発展を促進するため、人気の撮影地の紹介や、10箇所の地域での素晴らしい空撮写真の撮影方法をエキスパートがレクチャーするコーナーなどがあります。さらに、この空撮コミュニティでは、DJI Mimoアプリと接続することにより、DJI Osmoシリーズで撮影された動画コンテンツも受け入れています。詳細情報については、www.skypixel.comでご確認ください。

DJIについて
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンやカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ブレ補正のエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。DJIのグローバルオペレーションは、現在アメリカ、ヨーロッパ、アジアの各国に広がっています。DJIの革新的な製品とソリューションは、映画制作、建設業界、非常事態対策や人命救助、農業、管理保全、その他さまざまな産業で、100ヶ国を超える国で採用されています。

詳細については、下記をご確認ください:
DJIホームページ: www.dji.com/jp 
DJI ストア: store.dji.com/
Facebook: www.facebook.com/DJI
Instagram: www.instagram.com/DJIGlobal
Twitter: www.twitter.com/DJIGlobal YouTube: www.youtube.com/DJI