DJI と静岡県焼津市、ドローンの運用連携に関する協定を締結

プレスリリース2018-11-19

DJI と静岡県焼津市、ドローンの運用連携に関する協定を締結


 DJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI JAPAN)と静 岡県焼津市(市⻑:中野 弘道)、そして、株式会社アルマダス(代表取締役 吉田 泰行)は、「ド ローンの運用連携に関する協定」を締結します。

 焼津市では 2015 年より、DJI 製ドローンを災害時の迅速な状況把握や対応策の検討を目的に導入以 降、防災航空隊の発足による災害時の操縦体制確立や、国土交通省ホームページに掲載されている講 習団体の中では唯一の自治体として、DJI 技能認定プログラムである DJI CAMP を活用し、職員に講 習・検定を実施し、防災体制の強化を図っています。

 本協定を締結することで、機体等の貸与、教育プログラムの策定による体制の充実や職員の技能向 上が図られます。また、貸与する機体を活用し、消防団員に対する講習を実施することで、さらなる 体制の強化が成されます。その他、シティセールスや公共施設の点検などに活用するための技術の習 得などが期待され、ドローンの普及や平常時における組織の連携強化も図られます。

 
 なお、DJI JAPAN と焼津市、および株式会社アルマダスは、以下のとおり締結調印式を行います。

【締結調印式】

・日時 11月22日(木)午後2時30分〜午後3時

・場所 焼津市役所本庁舎5階 応接室 (焼津市本町 2-16-32)

・調印者
 焼津市 市⻑ 中野弘道
 DJI JAPAN(株) 代表取締役 呉 韜
 (株)アルマダス 代表取締役 吉田 泰行

・協定内容
 機体等の貸与に関すること
 操縦者の育成に関すること
 訓練の実施と機体の検証に関すること
 飛行可能場所の確保に関すること ・事業の実施、利用者への周知に関すること


DJI について
⺠生用ドローンと空撮技術で世界をリードする DJI は、リモート操縦できるマルチコプターの実現に 情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJI は、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。 DJI は、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやす く、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界 100 ヵ 国を超えるユーザーが、映画、広告、建設、消防や 農業をはじめとする多くの産業分野においてDJI の製品を愛用しています。

 

お問い合わせ先:

Mail: pr.jp@dji.com

www.dji.com/jp  |  facebook.com/dji.jp  |  twitter.com/djijapan  |  youtube.com/DJIJapan  |  instagram.com/dji_japan

© 2018 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。