DJI GOおよびDJI GO 4アプリの起動時とファームウェアのインストール時における再設定について

ニュース2017-05-25

 DJI GOおよびDJI GO 4アプリの起動時とのインストール時における再設定について 

DJIは、全てのユーザーを対象に、DJI GOおよびDJI GO 4 アプリの起動時およびファームウェアのインストール時において、新しいログインプロセスを導入します。来週末から有効になる本プロセスにより、地理情報とユーザープロフィールに応じて、ユーザーは機体の正確な地理情報と飛行機能を確実に使用できるようになります。ジオフェンスの境界や限界高度など、既存の安全上の飛行制限に関しては、従来と同じままです。 

購入時に機体をアクティベートし、既にアカウントへ登録済みのユーザーも、新バージョンのDJI GOアプリまたはDJI GO 4 アプリへアップデートした際に、再度改めてログインする必要があります。ログイン時のパスワードを忘れた際には、DJI GOアプリおよびDJI GO4アプリ内でパスワードをリセットすることができます。 

アカウント情報の確認や、アップデートされたアプリまたはファームウェアをインストールする際には、ログイン時にスマートフォンまたはタブレットがインターネットにデータ接続している必要があります。このログインプロセスが実行されない場合、その地域における正確な地理情報と飛行機能が利用できず、その後ファームウェアをアップデートをした際にも、ライブカメラのストリーミングが無効になったり、飛行可能区域が高度30メートル、半径50メートルまでに操作機能が制限されます。 

この機能は、最新のファームウェアにアップグレードされたすべての機体 (A3およびN3を除く)、またはDJI GOアプリおよびDJI GO 4アプリの今後のバージョンを使用する際に適用されます。 

DJIは、ユーザーが各国の関係法令に必ず従って操縦することを奨励し、安全飛行に関するDJIのホームページにて飛行ルールや飛行可能区域に関する情報を提供しています。 

DJI 安全飛行について 
http://www.dji.com/jp/flysafe 

DJI フライトマップ 
http://www.dji.com/jp/flysafe/no-fly 

DJIについて 

DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモートで操縦できるヘリコプターに情熱を傾けるスタッフにより創業、運営されており、飛行制御技術と手ぶれ補正の分野におけるエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。営業拠点は北アメリカ、ヨーロッパ、アジアまで拡大しており、 世界100ヵ国のユーザーが、映画、広告、建設、消防、農業、その他多くの産業分野においてDJI の商品を愛用しています。 

DJIホームページ:http://www.dji.com/jp
Facebook: https://www.facebook.com/dji.jp
Twitter: https://twitter.com/djijapan
YouTube: https://www.youtube.com/c/DJIJapan
Instagram: https://instagram.com/dji_japan/ 

お問い合わせ先:
DJI JAPAN株式会社 マーケティング 加藤吾朗
Email:goro.kato@dji.com