DJI、映像プロ向けに最新の映像撮影を学べるワークショップを松竹撮影所で開催

プレスリリース2017-11-01

DJI、映像プロ向けに最新の映像撮影を学べるワークショップを松竹撮影所で開催
ブラックマジックデザイン、EIZO、シグマ、G-Technology、DELLも出展し、オールインワンの映像制作体験を提供 

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードするDJIは、業務で映像制作や撮影に従事する方を対象に、11月6日(土)に京都太秦の松竹撮影所にて、最新の撮影方法を体験できるワークショップ「DJI PROFESSIONAL AERIAL WORKSHOP」を開催します。

本ワークショップでは、これまで数多くの映像制作の舞台となってきた京都太秦の松竹撮影所で、オープンセットを使った実践形式のデモを交えて開催します。普段は目にすることができない、DJI製品に精通したプロによる撮影に実演を通して、「INSPIRE 2」や「RONIN 2」をはじめ、さまざまな映像周辺機器を活用した撮影手法を学ぶことができます。空撮は先日発表したばかりの、世界初の空撮用Super 35mmデジタルシネマカメラ「DJI ZENMUSE X7」を搭載して行います。

また、DJI以外にも制作現場で親和性の高い製品を提供する周辺機器メーカー5社も出展し、実際に購入を検討されている方は、お得に購入できるイベント参加特典も用意しています。

業務で映像制作や撮影に従事している方は、下記ホームページより事前登録するだけで無料で参加できます。DJIでは、最新の機材を活用した撮影、編集技術を実践的に学べる機会を提供することで、今後も日本の映像制作に携わる人々へ貢献してまいります。

「DJI PROFESSIONAL AERIAL WORKSHOP」について

日時:2017年11月10日(金)

第一部:10:00 ~13:00、第二部:14:00 ~17:00 (※二部共に、同内容となります)

場所:株式会社松竹撮影所(京都府京都市右京区太秦堀ヶ内町12-9)

対象:映像制作および映像撮影業務に従事している方

参加費用:無料(要登録)

URL: http://www.japan-create.jp/landscape/djipro/ 

出展企業: ブラックマジックデザイン株式会社、EIZO株式会社、株式会社シグマ、G-Technology(株式会社HGSTジャパン)、デル株式会社、DJI JAPAN 株式会社(※順不同)

協力企業:株式会社松竹撮影所、株式会社エンジョイ日本、株式会社ケミック、株式会社TOO、ジャパンクリエイト株式会社(※順不同)

DJIについて

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるヘリコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画、広告、建設、消防や農業をはじめとする多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

お問い合わせ先:
DJI JAPAN
株式会社 加藤吾朗
Mail: goro.kato@dji.com

www.dji.com/jp | facebook.com/dji.jp | twitter.com/djijapan | youtube.com/DJIJapan | instagram.com/dji_japan 

© 2017 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。