DJI、AUVSI XPONENTIALの「Humanitarian Awards」を協賛

プレスリリース2018-02-08

DJI、AUVSI XPONENTIALの「Humanitarian Awards」を協賛

無人化技術を活用した人命救助や健康・環境の向上などの人道的活動を募集

 

 DJIは、AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)が主催する無人化技術とロボティクスに関する展示会「AUVSI XPONENTIAL 2018」の「AUVSI XCELLENCE Humanitarian Awards」に協賛することを発表しました。「Humanitarian Awards」は、人命救助や環境、健康状態の改善など、人道的活動のために設計された無人化技術を対象に表彰するプログラムです。

 

「DJIは、人命救助を実現する複雑な技術を、誰もが簡単に使える製品にすることで、「Humanitarian Awards」の精神と目的を具現化しています。人道的活動の多くに使われる最先端な製品を発表する、革新的な企業であるDJIとパートナーシップを組めることを、大変光栄に思います。」とAUVSIのCEO、Brian Wynne氏は述べています。
 


 

「XPONENTIAL」は、米国デンバーのコロラド コンベンション センターで、2018年4月30日から5月3日に開催され、防衛から商業分野まで8,500社を超える無人化技術分野のリーディングカンパニーや先進的なユーザーが集い、最新の政策やビジネスでの活用事例、先端テクノロジーについて共有します。

 

「Humanitarian Awards」は、無人化技術を人道的活動に活用し、著しい影響を与えた組織または個人(5つまたは5名)を表彰します。受賞者は、5月3日に開催される、「AUVSI XPONENTIAL 2018」の 基調講演で発表され、25,000ドルの寄付金が分配されます。基調講演では、公共の安全対策および人道的活動における無人化技術に関するトピックを紹介します。「Humanitarian Awards」は、2月21日まで募集しています。詳細情報は、https://xcellenceawards.secure-platform.com/a/をご確認ください。(英語のみ)

 

「今日、ドローンは世界中で、捜索救助から、世界規模でのサスティナビリティや発展を強化する調査や研究に活用されています。DJIは、人道的目的に無人化技術を活用する企業や個人へ、感謝の意を表明したいと考えています。今回、AUVSIとパートナーシップを組み、素晴らしい事例を紹介し、謝意を示せることを、大変嬉しく思います。また、ドローン技術が今後の人道的活動における活用へのインスピレーションとなることを願っています。」とDJI North Americaのマネージングディレクター、Michael Perryは述べています。

 

「Humanitarian Awards」は、「AUVSI XCELLENCE Award Program」のひとつです。本プログラムは、無人化技術に携わる団体や企業の中から安全に業務を遂行するイノベーターを表彰し、特に無人技術を人道的活動に活用する取り組みを紹介します。AUVSI XCELLENCE アワードは、「Humanitarian Awards」に加え「Technology Innovation」、「Training and Education」、「Operations and Safety」 の4カテゴリーがあります。

AUVSI XPONENTIALの詳細情報は、xponential.org.でご確認ください。

 

 

AUVSIについて

AUVSI(Association for Unmanned Vehicle Systems International)は、無人化技術とロボティクスの発展に専念する世界最大の非営利団体です。 AUVSIは、政府機関、産業界、学界からの7,500人以上の会員にサービスを提供し、無人システムとロボット技術の育成、開発、推進に取り組んでいます。

詳細情報については、http://auvsi.org/でご確認ください。

 

 

DJIについて

民生用ドローンと空撮技術で世界をリードするDJIは、リモート操縦できるマルチコプターの実現に情熱を注ぐスタッフにより創業、運営される、飛行制御技術と手ぶれ補正のエキスパートです。DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なドローンとカメラ技術を開発、製造しています。DJIは、世界中のクリエイターやイノベーターにとって、空撮技術とツールがより身近で使いやすく、安全になるよう取り組んでいます。現在、北米、ヨーロッパ、アジアに拠点を構え、世界100ヵ国を超えるユーザーが、映画制作、建設業界、災害対策や人命救助、農業、管理保全など多くの産業分野においてDJIの製品を愛用しています。

 

お問い合わせ先:

DJI JAPAN 株式会社 加藤吾朗

Mail: goro.kato@dji.com

www.dji.com/jp  |  facebook.com/dji.jp  |  twitter.com/djijapan  |  youtube.com/DJIJapan  |  instagram.com/dji_japan  |  www.linkedin.com/company/dji 

© 2018 DJI JAPAN. 記載されている会社および商品名は、各社の商標または登録商標です。